2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

『反骨のブッダ』

  • 高山龍智: 『反骨のブッダ』インドによみがえる本来の仏教(コスモトゥーワン出版)

トップページ | 教育マニフェスト »

再々度、一向一揆じゃあぁぁッ!

99年の開設以来、旧式CGIに鞭打って『お気楽新聞』、『てやんDay!』と名称を
変えながらコラムを書き続けてきたが、今秋ついにスクリプトが大破。やむをえず
某サイトの無料ブログを借りて『てやんDay!』ブログ版を再出発した。
ところが、師走を迎えた或る日、突如として不具合に見舞われ、およそ三カ月間
書きためたログが完全消失!嗚呼、木っ端微塵。南無阿弥陀仏。
そこで今回、かの有名な「ブログ女王」もいらっしゃる大手サイト:ココログさまの
軒先三寸借り受けまして、再々度の出発とあいなりましたる次第。
皆々様方には倍旧の御愛顧を賜りたく、隅から隅までズズズイィーっと、よろしく
御願い申し上げ奉りまする。

今年、ビルマ(ミャンマー)仏教の僧侶たちが銃火をもとのもせず自由と民主化を
求め立ち上がり、仏教の本国インドでは、身分差別撤廃と平和を訴える「全印度
法兵軍(All India Dhamma Sena)」が法戦布告の烽火を上げた。
日本国内の “すべてが揃っているため情熱を持てない” 冷めた空気と違い、いま
大きな歴史の流れは『仏教が一番熱い』その「とき」を迎えつつあるのだ。

ミャンマーで凶弾に倒れたジャーナリスト、故長井健司氏の葬儀(10月8日)に参列
して見たものは、場所柄もわきまえずに “写メ” をしまくる一部の心ない弔問客の
姿だった。なかでも、御高齢と病躯を押して五百名を越す参列者一人一人に挨拶
する長井氏の御両親を、シャッター音も高らかに撮りまくる「市民」がいた。
文字通り、写真に命を賭けて亡くなられた長井氏の葬送に際し、それはあまりにも
見苦しい光景だとワシには思えた。

ブログは、情報伝達速度の面において、現在最も早いメディアだろう。
だが、速さは往々にして「浅さ」を伴う。
そのうえ恐るべきことに、浸透力や波及力は、浅いほうが効率的なのである。

本日よりブログ版『てやんDay!』を再々出発するに際して、長井氏の葬儀で見た
あの「悪意なき写メ市民」を反面教師として、肝に銘ずる所存である。

では皆の衆、コトバの竹槍は準備よいか?・・・再々度、一向一揆じゃあぁぁッ!

トップページ | 教育マニフェスト »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

再々度の一向一揆!行け行け進め~っ!
機能停止って、なんだかよくわからんけど、ややこしいことがあるもんだ。
ま、新しくなったから別にいいや。
和尚様の渾身のコラムは惜しかったけど、喜捨ということで。
これからますます期待してますわ~
てやんDay!万歳!

なんだかよくわからないけど、とりあえず、
新ブログ好!
和尚様好!ばんざーい!!

あれ?ここで使ってたハンドルネームは何だっけ?
もしかしてボッキーだったかも…ですが、まぁいいや。
こちらも今日からこの名前で来ることにしました。
凡夫という言葉から来る雰囲気が大好きなジジイです。
今後とも宜しくお願いします。南無阿弥陀仏。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/17372476

この記事へのトラックバック一覧です: 再々度、一向一揆じゃあぁぁッ!:

トップページ | 教育マニフェスト »