2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« WiPの日 | トップページ | ラサの叫び »

仏教が動いた

チベット国の首都ラサ(自治区ではない!)で、中国の不当な
支配に対する抗議行動が大規模な暴動に発展した。
現時点では情報に錯綜が見られるが、新華社通信の発表は
まず疑ってかかるべきである。
北京五輪の開催を控えて全世界の目が中国に集まっている
この時期を選び、計画的に起こされた抗議
デモであることは
間違いない。
痛ましいことにすでに死傷者が出たようだが、おそらくチベット
民衆は覚悟の上でみずからの命を差し出したのだろう。
死をもって訴えようと。

ミャンマー、インド、そしてチベットの仏教が、いま動き始めた。

同じアジアの仏教徒として、われわれに何が出来るのか?
賢しく効果を打算して何もしない言い訳を考える暇があったら、
せめて声を上げようではないか。

チベット問題についてお知りになりたい方は、プロフィールの
URLから電脳寺トップ・ページ→「Tibet Gallery」を御覧下さい。

« WiPの日 | トップページ | ラサの叫び »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

マスコミよ!これは「暴動」ではない!命がけの「告発」だ!
全世界が気付くべきだ!中国で、平和の祭典「オリンピック」を開催する、世にも奇怪で愚かな過ちに!
犠牲になったチベットのかたがたへ冥福を祈ります。南無阿弥陀仏。

テレビの映像では「暴徒!?」が石を投げたり店のシャッターを破壊したりしている映像だけが公開されていますが、あの中国が映像を含めて真実を公開させるわけが無く、チベットの人たちの安否と、彼らの心がきちんと世界に伝わるかどうかがとても心配です。
民衆に対して平気で発砲する、何が「人民解放軍」だ!天安門以来の悲劇が起きないか、世界が監視していかなくてはならないと思います。

ご無沙汰しています。
さて、件のニュースを聞き、チベットの人達の命がけのメッセージを感じました。
世界への影響力の大きな、オリンピック間近のこの時期に行動を起こすことが彼らの覚悟のあらわれだと思います。
日本人は少なくとも食の問題で、中国は信用できないと学習したはず。中国の報道の嘘八百も。
これ以上、チベットの人達を見殺しにしてはいけない。無関心は罪悪である。
マスコミも中国に不利な情報を、オリンピックというペンキで塗りつぶさないようにしてもらいたい。マスコミの人間に赤い血が流れているならば。

上記記載(2008年3月15日 (土) 23時22分)
hideでした。

ども、ご無沙汰しております、三浦のワカゾーです。
今後はこのハンドルにて投稿させて頂きます。

さて、今回のチベットの件でも、ある意味予想通りというか、朝日が厚顔無恥を曝け出していますね。本日付朝刊の社説は失笑モノでした。

だいたい、中共のチベット侵略をひとくくりに「進駐」と表現する時点で、中央に尻尾をフリフリする醜悪な媚中ヅラが目に浮かびます。

でも、ヤフー辞書のチベットの解説も酷いです(大辞泉提供)。

「…英国の支配を受けた。1951年中国解放軍が入り、65年自治区が成立。」
って、まるで中央が正義かのような書きっぷり。
日本での一般的な認知はこんな物なのでしょうか。

情け無いぜ。

hideさん、あぶらげさん、お久しぶりです。
さて、“日本での認識” といえば、以前わが電脳寺で「チベット仏教にだけ興味があってチベット問題に無関心で何が悪い!」と逆ギレした御仁がおりました。
また、真宗信者を自称する某人物などは「宗旨が違うチベット仏教を取り上げたら門徒さんが可哀相です」とか意味不明なことホザイてました。嗚呼(嘆息)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/40503850

この記事へのトラックバック一覧です: 仏教が動いた:

» 歌姫 [blog KAMBANART]
去る3月2日、ビョークが上海でコンサートを開きました。 それだけでも驚いたんですが、最後の曲「ディクレア・インディペンデンス」(Declare Independence / 独立を宣言しよう)の終盤に「チベット、チベット」と叫んだらしいのです。 翌日のニュース 中国政府の反応 ...... [続きを読む]

« WiPの日 | トップページ | ラサの叫び »