2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 平和ちぇんちぇい | トップページ | Aunt Green »

ラサ観光再開?

昨秋、NHKが中国のお先棒を担いで放送した番組は、内容の
醜悪さが度を越しており、嘔吐を催す代物だった。
日本放送協会が報じたのは、生活に窮して先祖伝来の仏像を
売りに出すチベット人家族の姿や、ラサで日本人観光客向けに
“松茸づくし” を用意する中国人のホテル経営者など、わざわざ
受信料を取って見せるような中身ではなかった。
とりわけ、ホテル経営者が “催し物” の企画としてチベット僧に
法要の実演ショーを要求するくだりは、愚劣の極みであった。
「観光客の皆さんが寺へお参りになれば、いつでも法要に参加
していただけますよ」
道理に従って返答するチベット僧に、中国人経営者は、
「ホテルでやらなきゃサービスにならない」

ちなみにNHKは、この文化破壊の光景を「新しい波」として紹介
していたのである。
祖国を蹂躙されたチベット人にとって、唯一の心の拠り所である
仏像を売らねば食べていけない現実、また僧侶を芸人扱いする
おぞましい拝金主義を、天下のNHK様は、新しい波、と。

先月の『蜂起』に参加して武力弾圧を受け負傷したチベット人は
現在も適切な医療処置を受けられないでいる。
中国人が経営する病院や診療所へ行ったら、どうなるか分から
ないからだ。
NHKの海外取材といえば、相手国外務省の広報官から至れり
尽くせり、接待漬けの “アゴ足付き” 大名旅行である。
超高級ホテルのスイートに連泊して、ミネラル・ウォーターで歯を
磨き、酒と薔薇の日々を受信料で満喫する。
しかるに今、中国公安に撃たれ、蹴られ、殴打されて傷を負った
チベット人は、蝿が飛び交う薄暗い部屋で、痛みに耐えている。

ぜひともNHKには、あの番組を再放送してもらいたい。

中国側が、ラサの観光客受け入れを再開する、と発表した。
安全イメージを宣伝したいのであろうが、厳重監視と行動制限は
目に見えている。まさかと思うが “松茸づくし” を喰いに出掛ける
日本人の団体さんが現れないことを念じたい。

« 平和ちぇんちぇい | トップページ | Aunt Green »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/40771526

この記事へのトラックバック一覧です: ラサ観光再開?:

« 平和ちぇんちぇい | トップページ | Aunt Green »