2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 国賊か属国か | トップページ | 怒れる大地 »

腹立ち日記

本日昼間、とある坊さんとの会話より。
「例のデモとか行ったんですか?チベット暴動の」
暴動ではなくて蜂起です。まぁ、なにもしないでいたら坊主の
ハシクレとして寝覚めが悪いじゃないですか。理屈じゃなく。
「それは立派。偉いですなあ」
・・・ん?
「どうして行こうと思ったんですか?」
んんん? (もしかしてこのワシをおちょくっとんのか?)
「なかなか出来ることじゃありませんよぉ」
(よぉ、って。語尾伸ばすな)一般の若者たちが自腹を切って
駆け付けたんですよ。坊主に出来ない理由はない。
「善光寺の追悼法要は、何宗のやり方でしたんですか?」
だきゃら。宗派の壁を越えなきゃ意味がない。同じ仏教徒が
殺されてる現実を前に、仏教内で宗派がどーのこーのと。
「いやいや御立派。はははは」
(くぉんのクソぶぉうずぐぅぁあぁ~。こめかみピクピク)

「FREE TIBET!」
声を枯らし、身の危険を冒してまで叫び続けた青年有志には
申し訳ないことですが、日本の坊主の圧倒的多数がこんな
感じなんですよ。法隆寺や唐招提寺がデフォルトなんです。
情けねえやら悔しいやら。ごめんなさい。

さきほどの坊主、東京都民である。
首都圏メディアの報道規制にまんまと嵌まって判断力が鈍麿
してるのは哀れむべきだが、その坊主、今回のパンダ騒動を
このように評した。
「石原都知事は変ですよ。パンダに一億円は高くって、銀行に
何百億と都民の税金を使うのは文句あるか?って。そんなの

おかしいですよ。パンダはみんなが喜ぶことなのに」
背景がまったく違う予算を混同しているほうがよっぽど変だと
思うのだが、チベット虐殺への批判をはぐらかす政治の道具
にされるパンダちゃんは、カワイソーではないのか?

北京五輪に向けて、日本のメディアは一気に『媚中路線』へ
加速していくことだろう。協賛企業の金儲けのために。

日本人の良識が問われるのはこれからだ。皆の衆、御用心。

« 国賊か属国か | トップページ | 怒れる大地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大衆紙や中央のテレビを見てるだけではわからないことの方が多いですね。
今は新聞もテレビも地方にこそいいものがあると思います。あとは週刊誌。
先月、関西テレビで圓教寺の僧侶が生放送でチベット弾圧の抗議文を読み上げました。わずかながらもこういう僧侶がいるのは救いでした。
善光寺はぎりぎりのところでがんばったとは思います。
善光寺って宗派はなかったと思うのですが、どうなんでしょう。

それにしても、パンダごときで国民を騙そうとする福田首相には心底呆れるというか、憎しみさえ感じます。

福田首相にも1つくらいいいところがあると思って考えていたら…夜が明けた
by だいたひかる

>HIROMI様
わははは☆ワシなら考えても無駄と早々に諦めて焼酎呑んで寝ますわ。そうそう、ひょうたん眼鏡は、屁コキん盗と愛ちゃんの卓球を観戦してた時、完全に素人のおじいちゃんになってましたね。あれが彼の地であり、限度なんだろうね。パンダのレンタル料、わざと延滞して、罰金代わりに福田を渡しましょう。

>チンシャ猫様
はじめまして♪よろしくお願いします。今はネットやYou Tubeがあるおかげで、地方の良心的メディアを見ることができますね。
書写山圓教寺の師は、ワシのようなチンピラ坊主と違って社会的責任や影響力が大きいなか、よくぞやって下さったと思います。まして圓教寺は天台宗の別格本山であり、中国仏教界(実際は共産党の下部組織ですが)と蜜月関係に在り、その教団内部でチベット弾圧に抗議するのは、僧侶といえど組織社会に生きる大人として、決死の覚悟だったと思います。圓教寺師の声明は、青山繁晴氏の尽力もあり、チベット語に翻訳されて、アメリカ系の『ラジオ自由アジア』でチベットに放送されるそうです。
さて、善光寺ですが、民間人:本田善光(よしみつ)によって基礎が築かれたとされる超宗派寺院で、現在は天台宗大勧進と浄土宗大本願の両組織で共同運営しています。これは「特定の宗派に属さない」という意味で、平安仏教(天台)と鎌倉仏教(浄土)、つまり日本仏教の二大潮流が合わさっているわけです。昨年、残念なことに管長の不倫スキャンダルがありましたが、今年の聖火辞退は、世界から賞賛を受けました。

先日は、貴重なる体験談をお聞かせ頂きまして、本当に有り難うございました。しかし何とも…あのやり取り(今回の記事中の)には、嫌な脂汗が出ました。電脳師匠の表情がみるみる強張っていくのが…ブルッ。最後に仰っていた「いずれにせよ、この一件(奈良)で日本の国際的評価は確実に下がったよ。」の一言も、残念ながら届いていないと思います。マジで多いですよ、「いやぁ…僕らが騒いだ所で、何も変わらないでしょ?」なお坊様は。

>あぶらげ様
まぁ、ブログ・ネタですから、かなりふくらませてありますよ。ワシも、モロに顔へ出るタチだから、あぶらげ様に要らぬ心配をかけてしまい、申し訳ありませんでした。しかしワシ的には、くだんのお坊さんよりも、中共動員留学生を相手にしてた時の方がまだ「建設的」な気がしました。 coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/41174419

この記事へのトラックバック一覧です: 腹立ち日記:

« 国賊か属国か | トップページ | 怒れる大地 »