2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 腹立ち日記 | トップページ | 四川美談 »

怒れる大地

ビルマを巨大サイクロンが襲い、行方不明者は22万人、死者は
10万人に上るといわれる。ただ軍事独裁政権下ゆえ現地情報が
完全にオープンでないため、被害実態は公表数値を上回るもの
と思われる。生き延びた被災者は寺院へ避難し、僧侶らは救済
活動に奔走していると聞く。
昨年秋、民衆の先頭に立って反軍政デモを行ない、銃火を前に
ひるむことなく大慈悲行を実践した “南の法友” が、今ふたたび
静かなる法戦に身を投じている。涙がこみあげてくる。合掌。

「テーラワダのお坊さんですか?」
先月26日、善光寺本堂の前でマスコミの取材を受けた。その時
ワシは佐々井秀嶺師より授かったインド式の袈裟を身につけて
いたため、多少なりと仏教の知識があった記者は、南伝仏教の
僧だと思ったらしい。面倒臭いので、ええまあ、と答えると、
「関係あるんですか?テーラワダとチベット仏教が」
・・・ムカっときた。ビルマ軍事政権を支えているのは中国共産党
であり、チベットを侵略しているのもまた然りだ。そんな基本的な
ことさえ知らないで、よくも新聞記者がつとまるものだ。

中国大地震。震源はチベットに近い。
死者数は四川省だけで1万人に迫り、数百人が倒壊した建物の
下敷きとなっている。新華社報道ではマグニチュード7.8。
五輪を前にチベット蜂起、そして大地震と、今まで人民を犠牲に
旨い汁を吸ってきた共産党幹部は、心底怯えているだろう。
災害の対応にしくじれば、人民の怒りの矛先は、当然中南海へ
向けられる。 天安門事件以来、愛国教育と反日で誘導してきた
マグマの噴火口が、一気に開く可能性がある。

だが、ひとつ危惧する点がある。
被災者救済活動において、漢民族が優先され、チベット人ほか
少数民族が後回しにされやしないか、と。
かの「自由主義の盟主」アメリカ合衆国でも、数年前の洪水の際、
白人が先に救出され、黒人住民は泥水の中に取り残された。
無論、杞憂に終わって欲しいが、人民解放軍兵士がラサ蜂起に
対する報復感情に駆られない保証はない。

ビルマ、中国で災害の犠牲になられた方々の冥福を祈ります。
南無阿弥陀仏。

« 腹立ち日記 | トップページ | 四川美談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

四川省での地震、
これ本当に天災なんでしょうか?
私は最初核実験じゃないの?とすら思ってしまいました。
福田は相変わらずの無能なんで早速「支援する」といったそうです。
本当にどこまでもどこまでもバカだなあと思います。
しかし今日になって地震の続報が大して入ってきていないのが気になります。
また得意の情報統制でしょうか。
あと、これも気になります。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3234458
和尚はどうお感じでしょうか?

>ま~様
秘密の地下核実験も可能性が無いとは云えませんが、五輪を目前にひかえた今、国際世論的になんらプラスになりませんね。むしろ核で云うなら、チベット高原は欧州核保有国(フランス等)から高額で引き受けた核廃棄物の地上投棄場になっていますから、それらが何かの弾みで暴発した、ということも考えられないではありません。チベット高原は、夜になると放射能で青くボンヤリと光るそうですよ。
さて、ニコ動、拝見しました。あそこで語られていることは基本的に事実です。かつては国民の常識でもあったS会の危険性が、情報氾濫の時代に入って、むしろ逆に霞んでしまっている感が在ります。
韓国では金大中政権までS会は「禁教」でしたが、金大統領が解禁したと同時に、あっというまに三十万人もの信者が「出現」しました。それまで隠れ学会員として潜伏していた韓国内の信者が、一気に表社会へ踊り出たわけですね。そんな彼らを「折伏」したのは、言うまでもなく、親戚である在日韓国人S会員です。外国人参政権を認めれば、これらがすべて公明党に投票するのです。やがて中国がそれに続くでしょう。断固として阻止しましょう!

この地震は建設中のダムのせいじゃないかという説がありますね。
もともとプレートがぶつかり合っているところへ、水の圧力としみこみで緩くなって地震が起きたとかどうとか。
真偽のほどはわかりません。
私はむしろ、この場所で大地震が起こったことで中共が喜んではいまいかと疑っています。
四川省と言えばかつてのチベットの一部です。チベット人や少数民族が住んでいるようですが、地震でそれらの人々が減少し、代わりに漢族が増えていくきっかけになりはしないかと心配してしまいます。

>チンシャ猫様
資本経済と共産主義を無理に並立させた政治が生んだ悲劇、という側面はやはり消せないでしょうね。地震発生の原因よりも、震災被害の拡大には「人災」の要素が大きく関わります。経済競争原理には、モラルが伴わないと、粗製濫造・手抜きが起きてしまう。わが国の姉歯事件のようなことを、人民公司ぐるみでやってるのが、中国ですからね。
旧チベット領ともいうべき被災地は、三月以来、事実上の封鎖状態にあります。暴動防止を名目に、人民解放軍がチベット人に更なる抑圧を与えているのではないか、と心配になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/41191464

この記事へのトラックバック一覧です: 怒れる大地:

« 腹立ち日記 | トップページ | 四川美談 »