2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« ひとごろし | トップページ | 教育漫才 »

泣く鬼畜

「誰か止めてくれれば良かったのに」
取り調べに対し、殺人鬼加藤はそう言って泣き崩れたという。
どんだけ他者依存なんだ?この鬼畜は。
悪いのは家庭環境や派遣勤務先、携帯サイトに書いた犯行
予告を知りながら止めてくれなかったネット住人と、秋葉原の
歩行者天国にいた他の通行人たち。そう加藤は言っている。
あいにくとワシは、自身の経験知から『性悪説』の立場なので
鬼畜の詭弁に呆れはしても、驚きはしない。
用意周到に立てた計画のひとつが、この泣き落としなのだ。

両親の記者会見を見た。
謝罪、と呼ぶに相応しい内容かどうかはいったん措くとしても、
果たして25過ぎた息子の不始末を親が代わりに謝る必要が
あるのかどうか。無論、道義的に無視は許されないが、養育
義務年令をとっくに過ぎている以上、息子を “一大人” として
責めることも認められて良いのではないか。

さて、会見の内容。あれならやらないほうがマシだった。
問題は父親。シャツの第一ボタンを開き、裾をズボンから出し、
後ろ手(マイクを避けたつもりなのか?)で、休めの姿勢。
例えば、あれで頭を下げられて、彼は納得出来るのか。
となりで母親がヘタリ込んだからマスコミ的には絵になったが、
それが無ければ、袋叩きに遭いかねない代物だった。

語り口がまた他人事のようであり、情緒が欠落していた。
あまりのことにまだ実感が掴めてないにしても、地元警察から
詳細な説明を受けたあとなのだから、もう少し社会人としての
感性を働かせるべきだった。

今後、週刊誌やワイド・ショーでは、犯人の成長過程における
家庭内の『父性欠如』と『母親の過干渉』があれこれ取り沙汰
されることだろう。そして、識者と呼ばれるバカが必ず、
「現代に生きる我々はいつ加害者になってもおかしくはない」
みたいなことを言う。そりゃアンタだろ、って。
ご自分が、殺人鬼予備軍なのを自覚なさっておられるならば、
早急に無人島へでもお引っ越しなさることをお勧めする。

『常識力の復権』こそ現代日本の急務だとワシは思っている。
極めてシンプルながら、人類文明が生んだ常識は、これ。

ひとごろしはひとごろし、だ。

« ひとごろし | トップページ | 教育漫才 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は殺人犯、特に無差別殺人犯に人権は必要ないと思っています。
育った環境や社会環境のせいにする風潮も嫌いです。
人殺しは人殺し、社会に害をなす存在に変わりありません。日本は犯罪者に甘すぎます。

見た見た、両親の謝罪会見!ありゃねえわ!
あの親父の喋りを聞いた子供が、「 なんでこんなにペラペラ普通に喋れるの?」と私に訊いてきました。私だってわからんわ!理解に苦しむわ、あの非常識の塊!
本当に不思議なんだけど、あの鬼畜を通して社会背景をダラダラと語り、いたずらに時間を費やす奴ばっかで、誰一人、「やつは鬼畜じゃ!断じて許すまじ!」と断罪するひとがいないんですよね。それじゃ番組終わっちゃうってか?結局、どんなに極悪で残虐な犯罪者が現れたとしても、ひととして被害者の悲しみ苦しみを共有するより、番組をおもしろくさせる(おもしろいとは思わないが)ことが優先なんでつね。
しかしメディアの影響力はバカにできないんだから、マスゴミの非常識は現代日本の大罪だ!本当になんとかしろ!

毎日毎日テレビは 加藤ですね。
私個人では うんざりです。
だって、どれも同じ事ばかりなんですもの。
両親の謝罪会見みた時に、確かに なんといいますか淡々?世間体の為に会見した様に感じました。
私も一人子を持つ親ですが、親と子は別の生き物だと思っています。だからこそ親の責任って重要だとは思います。何を一番教えてあげなくちゃいけないのか
本当に考えちゃいますね。
私も、コンプレックスの塊の様な人間なんですよ。
「あんたは良いよね」って気持いっぱい持ってますよ。加藤よりも外見的に悩んでる男の友人もいっぱいいますよ~(失礼だけど・・)
でも、彼らはいじけながらも真面目に生きてるというのに・・・・。やっぱり 犯人は「甘え」の一言ですね!!

>チンシャ猫様
まったくですね。人権とは、他者の人権を冒さない限りにおいて保障されるべきものであり、「生存権」という最大の人権を一方的に奪い取った者については、当人の人権が代償されるのは当然のことだと思います。人権思想は、フランス革命以降に生み出された人工概念ですので、いまだ政治や経済や軍事に左右されやすい不安定な側面を持っています。例えば、チベットでの人権蹂躙について、支那の某人物は日本のテレビで臆面もなくしゃあしゃあと、
「人権っていうは勝ち取るものでしょ?(侵略されたチベットが悪い)」
と言ってのけました。 wobbly

>HIROMI様
両親の顔にボカシを入れてるメディアが多かったけど、たしかに具体的当事者ではないのだから加工処理はアリだと思いますが、だったら親父の服装全体にCG加工でもしといたほうが良かったかも知んないですね。それほど非常識で、無礼で見苦しかったですよ。またボカシと言えば、いつものことながら逮捕当日の映像でも気になりました。殺傷事件の現行犯逮捕にも関わらず、加藤がパトカーに乗せられる時、手錠を掛けた腕にボカシが入ってました。 pout
マスコミの脳みそ自体にモザイクかかってんじゃねえのか?

>うた。様
加藤の目的のひとつが「ワイドショー独占」でしたから、ある意味、奴の術中に嵌まったとも言えますね。そう言いながら自分で取り上げてるワシも嵌められたクチなのかも知れませんが(苦笑)。
大人が子供へ、親が子へ大切なことを伝える時、言葉も重要なツールではありますが、言語を超えた態度や姿勢(=スピリット)が、時として、多くのことを伝えることもありますよね。
コンプレックスについて言えば、加藤のそれは、思春期に誰もが持つ自分の容姿への不満を、そのままダラダラと引きずってただけですね。ワシなんて十五の春には、遠大なる整形手術計画を(今のように男性の美容整形が一般化する何十年も前に)立ててましたからね。当時、二枚目俳優だった草刈政雄と、不良少年の憧れだったショーケンこと萩原健一と、イタリア映画のスター:ジュリアーノ・ジェンマを足して三で割ったような顔にいつか整形するぞ!と夜な夜な寝床の中で誓いを立てたものでした。阿呆ですねー。 weep

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/41501052

この記事へのトラックバック一覧です: 泣く鬼畜:

« ひとごろし | トップページ | 教育漫才 »