2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 共和国幻想 | トップページ | 大それた場所 »

小麦狂騒曲

先日のCX系『報道2001』で、名実共にバカ政治家として日本を
代表する自民党の加藤紘一が、やってくれました。
あの先生、現内閣で食糧問題にたずさわっておられるそうで、
原油価格高騰と小麦の不足が乳製品を含む国民の食生活に
深刻な影響を及ぼしていることを嘆いておられました。
「アメリカが言う、バイオ燃料生産のためなんて、そんな理由は
私はおかしいと思う」
おお、さすが。勝手に原油産出国イラクをぶっ潰したアメリカが
バイオ燃料を云々すること自体、世の中をおちょくってる。
また、合衆国にとって余剰小麦の処理は、経済全体に関わる
大問題である。小麦はパン食文化の基本ゆえ、その生産力は
国家経営の根幹を成す。結果、作り過ぎて、穫れ過ぎる。牛や
豚などの飼料へ回しても、なお残る。食品価格暴落を招く。
そこで合衆国政府は、時局に応じて対策を練り、たとえば戦後
わが国の学校給食を支えたあの不味いコッペパンやソフト麺、
脱脂粉乳などは、アメリカが無償でめぐんでくれた余剰小麦の
おかげである。だから、環境に優しいバイオ燃料を作るために
小麦が不足している、などというのは眉唾なのだ。

加藤先生、そのへんでやめときゃあ良かったのに、調子こいて
暴走してしまった。
「新興経済大国の中国とインド、この両国の消費が急速に増大
していることも大きな理由です」
まあね。
「中国では今まで鶏や豚が食肉の中心でしたが、最近は豊かに
なって牛肉を食べるようになった。牛と豚では育てるのに必要な
餌の量が違う。それが小麦不足を招いてる」
ここまではOK。ところが、
「インドもそうだと思いますよ」
だだ、大丈夫か?加藤紘一ッ!インド人は牛、喰わねえよ!

仮に加藤がインドへ行ったことがあるにせよ、どうせ日本国民の
税金使って一泊料金が現地人の年収を上回る超高級ホテルで
美食三昧だろうから、知らなくても仕方ないか。
肉料理と菜食料理ではコックさんが違い、鍋釜など調理器具も
わざわざ分けるお国柄なのだ。理由は『不殺生』の信仰。
インドの消費が増大したのは、IT景気による中産階級の台頭と、
今までカースト制度で虐げられてきた下層の人々が社会進出を
果たしたことによるところが大きい。


飢餓解決と食糧危機は、表裏一体なのである。
ベタベタ親中派の加藤紘一にしてみれば、中国だけが悪いわけ
じゃない、とでも言いたかったのだろう。

こんな「メタボ脳みそ」な政治家が、食糧問題を云々する日本の
不幸を、いかにとやせん。

« 共和国幻想 | トップページ | 大それた場所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

インドはヒンズー教徒が多数派ですよね?。
ヒンズー教徒は牛を食べないと聞いてはいましたが、豚も食べないとか。
媚中派政治家は中国ばっかり見てるから、自分が嘘を言っても気づかないんでしょうね。

>チンシャ猫様
おっしゃるとおり、信者人口第一位のヒンドゥー教で牛肉がタブー、第二位のイスラム教で豚肉がタブーのため、インドの畜産業界には牛と豚の生産ラインそのものが公式には存在しません。ただ、イスラム原理主義者が反ヒンドゥーの意味で牛肉を食べたり、またキリスト教徒のコミュニティーでは豚肉を食べることもありますが、その場合には、農耕牛や、汚物処理用に飼っていた豚が自然死したものを使用します。中国人は、食事の席にあるものなら食卓と椅子以外全部食べる(笑)と云われますが、そういう連中と一緒にされたんじゃ、非暴力のガンジーもキレますよ。

無知な人代表と自覚できる位の私でも
何となくは、分っていた事なのに
日本のトップとされるような立場の方が
こういう発言を さらりと言うとは 本当に怖いですね。
もう十数年前に、中国に一日だけ寄った事があるのですが 明らかに豚とは違う 牛とは違う 動物が
市場みたいな所で吊るされてたのですが
あれは 「犬」の様でした。食文化は国それぞれだとは思うのですが、家族の様に犬猫と暮らす日本人の私には
衝撃的すぎて、泣きそうだったのを思い出しますょ~sad

>うた様。
たしかにフランス人がカタツムリ喰ったり韓国人が『補身湯(ぽしんたん。犬鍋)』喰ったり、日本でも地方によってはセミを喰ったりしますから、食文化は御国それぞれですよね。とはいえカトちゃんがもし政府の大事な交渉か何かでインドへ行って「今夜はビフテキ喰いてえ」とか言ったら、下手すりゃ国交問題になりますよ。たはは。
そうそう、かつて田中真紀子が外務大臣だった頃、パキスタンを訪問した時、ちょうどイスラムの断食月『ラマダン』だったため、お茶の席でもパキスタン側の閣僚は、当然のことながら手をつけませんでした。それを見た田中先生、英語で「マズイときに来ちゃったみたいね(不満)」と言ったそうな。
暗殺されずに帰国出来たことをアッラーに感謝しましょう。wobbly

日本のマスゴミは一切といっていいほど
報道しませんが、
四川で核に関するトラブルが発生しているとの情報を
2ちゃんで見ました。
真相はどうなってるんでしょうねえ、、、

>ま~様
中共側の発表は被害状況については倍掛けで理解する必要がありますので、核開発施設や核廃棄物処理場の50%近くが損壊しているものと想像されます。四川省北西部の旧チベット領に関して一切情報が出されないことの大きな理由の一つは、やはりそれに関係しているでしょう。被災した核開発施設から核燃料が二個、行方不明になった、と中共は発表しましたが、つまり最低四個以上が紛失しているわけです。四川で核被害の広がることが目下最大の危惧ですが、無くなった、とされる核燃料が、査察の目を逃れて更なる新しい凶悪兵器開発に利用される可能性も出てきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/41400131

この記事へのトラックバック一覧です: 小麦狂騒曲:

« 共和国幻想 | トップページ | 大それた場所 »