2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 文明拉拉隊 | トップページ | 政教分離? »

狼と共に行く

虚飾の祭典を終えたこれからが中国に要注意。株価暴落、
四川震災後の復旧特需もなく、 軍備拡張はとどまることを
知らず、支那帝国の栄華はCG花火に等しい。
中南海は、人民の不満が自分達へ向けられる前に仇役を
作り上げるだろう。反日?・・・ならばまだ可愛い。
もっとも警戒すべきは、『チベット問題』。今年上半期、中国
共産党政府がどのような対応を示していたか、いま改めて
確認しておきたい。 以下に引いた文言とまったく同じ口で、
“平和の祭典” 開催を宣したことを。

「ダライは人の皮をかぶった狼、暴動の黒幕、悪魔だ」
支那版スポーツ新聞のヨタ記事ではない。
世界へ配信される記者会見の席上で政府スポークスマンが
明言し、また温家宝首相は、人民大会堂でそう演説した。
ローマ法皇とダライ・ラマ法王が交流していることは、つとに
知られたところだが、バチカンは「悪魔」と友誼を保っている
のだろうか。それ以前に、無神論・唯物論を国是とする中国
政府の代表が、悪魔の存在を認めるとは、はて?面妖な。
ところで、わが国のメディアはいまだにチベット各地で起こる
民衆蜂起を、暴動、と不適切な表現を用いることがある。
ならば、かつての日韓併合時代に起きた数々の抵抗運動も、
同じく “暴動” と教科書に記さなければ、公正を欠く。

チベット「人民戦争」宣言。
しつこいようだが、何十年も昔の話ではなく今年の三月末に
中国当局が発した言葉だ。五輪開会のわずか五カ月前。
自治区(ではない!)第一書記:張慶寧が『ラサ蜂起』に対し、
激昂して言った。念のため「人民戦争」とは、国際法上でいう
武力交渉の意味ではなく、政府許可の非戦闘員殺傷だ。

恐らく、『ラサ蜂起』の責任を問われることを恐れた張書記が、
おのれの職務怠慢を隠すため、チベット民衆にすべての非を
被せようと、事態を過剰に喧伝したのではないか。
そもそも石コロと棒キレぐらいしか闘う道具を持たない民衆と
装甲車で出動した武装警官では、勝負にならない。

「投降すれば酌量もある。内通者には奨金を出す」
ただ自分の国を、民族を、信仰を守りたいと言っているだけの
民衆が、なにゆえ犯罪者扱いされねばならぬのか。
想像したくもないが、これから中共は以前に増して弾圧を強化
していくのではないか。戒厳令を敷く可能性もある。

ダライ・ラマ法王が「狼」ならば、狼と共に行こうではないか。

« 文明拉拉隊 | トップページ | 政教分離? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「人の皮をかぶった狼」ですか。「人でなしが人のフリをしている人もどき」より断然良いと思いますがね。法王を支那(china)共産党の虐殺者と比べるのはあまりにも失礼かもしれませんけれど。

狼は家族に対して深い愛情を注ぐ動物です。罠だと分かっていても我が子を助けに行く程の。

欲と権力に振り回されて愚かな怪物と成り下がった者に媚を売るよりも、気高い狼と共に厳しい道を行くことを私も望みます。

>蒼天様
人間の子供が狼に育てられた、というのは実際にインドであった話なんですよ。
余談ながら、十数年前インドの民家で白黒TVを見ていたら、懐かしの日本アニメ『狼少年ケン』が流れていました。夢中で食い入るように見ているインドの貧農の子供達が、画面の中のケンと大差ないことに、複雑な心境になりました。
さて、ウンチクをば。わが国で狼は古代、「大神」として人と神をつなぐ神聖な動物でした。しかし文明と共に人間と動物の生活圏が重なるようになり、われわれの祖先は日本狼を絶滅させてしまったんですよね。weep
原始信仰においては洋の東西を問わず、狼が神聖視されていました。北欧のヴェルセルク、バーサーカーは、闘いに臨む戦士が狼の毛皮をまとい、一種のトランス状態の中でその神秘力を借りようとしたものだそうです。狼男を意味するWearwolfという英語はそれに由来するとか。またモンゴルの雄チンギス・ハーンは「青き狼」の血を引く者、という神話をみずからの権威にしました。
話は少々逸れますが、かつて日本の敗戦によって台湾に支那人がなだれ込んで来た時、台湾の人たちはこう思ったそうです。
「日本人は躾けられた犬だが、支那人は腹を空かした豚だ」
・・・イヌ科でちょっと安心しました。

>わが国で狼は古代、「大神」として人と神をつなぐ神聖な動物でした。
そういえば、秩父の方でも狼(お犬様)信仰が残っていますよね。三峰神社は一度行ってみたい場所の一つでもあります(o^∇^o)

>「日本人は躾けられた犬だが、支那人は腹を空かした豚だ」
…確かに…イヌ科で良かったです(笑)でもやはり「飼い慣らされたワンコ」なイメージなんですね…(´,_ゝ`)フフ

今の日本人は、誇りと鋭い牙を取り戻す必要があるのではないでしょうか。

>蒼天様
誇りと鋭い牙、まったく同感です。
長年の友人で日本への留学経験もあり卒論のテーマに『日本書紀』を取り上げた超日本通のインド人が、かつてこう言いました。
「東京裁判で日本の無罪を主張した我がパール判事は今ごろ嘆いてるんじゃないかな。現代日本人は、羊の皮をかぶった狼じゃなく、羊の皮をかぶった山羊だよ」
そりゃ言い過ぎだろ!とその場は言い返しましたが、当たってる感じ。weep

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/42299046

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と共に行く:

» midioldebytown.com [midioldebytown.com]
最近更新された話題のRSS情報を定期的に収集し、サイトニュースを更新するためにトラックバックをさせていただきました。よろしくお願いします。 [続きを読む]

« 文明拉拉隊 | トップページ | 政教分離? »