2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« BC級戦犯の遺書 | トップページ | BC級戦犯の遺書 »

BC級戦犯の遺書

壮健の由、なにより。君と臣也の便り、および写真。
みな受け取っている。スミレの花も、もらった。
すくすくと大きくなった臣也の姿を見て、二人が言わんと
していることもすべて僕には通じている。
ただ強く耐えようとしている僕でも、なんとなく淋しそうな
君たちの姿を見ていると、万感無量だ。
臣也が淋しがり屋でなくなるように毎日神に祈っている、
と言って寄越したことが、頭に固着しており、しかもその
淋しい原因が僕にあると思うと、胸が突かれる。
君が臣也を明るい希望の道へ導いてくれることを信じて
いる。僕は臣也のいっさいを君にお願いする。
あとで届く遺髪は、君が死ぬ時ともに埋めるほうがよい
と思う。
重ねて言う。君は、賢明に現実を批判し、未来に計画を
立てて、君の最上の道を歩まれよ。
僕は君と臣也の幸福を祈る以外、なにものもない。
では、さようなら。
                              半沢勇
            (昭和二十四年九月二十六日。死刑)

« BC級戦犯の遺書 | トップページ | BC級戦犯の遺書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/42138362

この記事へのトラックバック一覧です: BC級戦犯の遺書:

« BC級戦犯の遺書 | トップページ | BC級戦犯の遺書 »