2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« BC級戦犯の遺書 | トップページ | ヘンテコ日本 »

BC級戦犯の遺書

敗戦記念日。 世を挙げて『平和の祭典』とやらの狂騒曲に
浮かれているその影で、チベットや東トルキスタンの平和が
無残に踏みにじられている。無垢な中国人少女の口パクや
CG花火ならば御愛嬌ですむとしても、それによって凄惨な
流血が隠蔽されている事実を忘れてはならない。
もし、未来の人類に、良心が消えることなく残っていたなら、
2008年は「正義が死にかけた時」として語られるだろう。
そんな、歴史的な Olympic year だからこそ、現在の日本の
平和について、改めてもう一度考えたいと思う。

*************************************************

一、私は敏子を離別します。
一、敏子に再婚させてください。
一、私に成仏させてください。

私は、敏子が現在の不幸に打ち勝って再婚し、母となり
幸福になったとき、成仏できます。
その他に成仏はありません。追善供養は不要です。
お父様、お母様。敏子をいたわってやってください。
彼女が、涙も枯れてしまい、精も根も尽き果てるほどの
不幸に落としたのは、私です。
また、悪い星の下に生まれた私であり敏子でありました。
どうか、いたわってくださいませ。
最後の願いはこれだけです。
彼女が戦火の中に、身を挺して来てくれたのも、こうなる
私に天が与えた最後の御慈悲であったことでしょう。
私は人生の喜びも彼女によって与えられました。
収容せられても、この淋しい獄舎にてあたたかい便りや
衣類を送ってくれ、その愛情に包まれております。
私の心は幸福でした。
前後の事情は、彼女がお父様、お母様に報告してくれま
しょう。
皆様にも、もう会えませんが、さようなら。さようなら。

お父様、お母様。御長生ください。ご機嫌よく。
  三月二日 罪の子
                                         藤井力
                (昭和二十一年四月二十二日。死刑)

« BC級戦犯の遺書 | トップページ | ヘンテコ日本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日は終戦記念日ですね。が、実際はこれからが更なる地獄。条約無視のソ連による満州侵入、南樺太、千島列島への侵略、そしてシベリア抑留。ソ連兵や中国人、朝鮮人の略奪暴行。そして、それらに匹敵するくらい卑劣で野蛮な米英蘭らの報復戦犯裁判…。
韓国大統領は今日「日本は歴史を直視せよ」と言ったとのこと。まさにその通りで、中韓らの捏造された歴史を唯々諾々受け入れること無く、正しい日本と世界の歴史を認識し、子々孫々に伝えていくべきだと心から思います。てか、貴様らこそ歴史を都合のいいように捏造しないで、正しくあったことを直視しろっつーの!
にしても、今日この日に北京の柔道場で最後に掛かったのが「君が代」というのは、やっぱり痛快です!

>凡夫様
まったく、歴史を直視しているからこそ、竹島は日本領だと言ってるのにね。coldsweats01
アメリカによる戦後占領政策は、昭和二十七年に終了したわけではなく、実質上、現在もなお継続しています。Chinese AmericanやKorean Americanを使って、戦時中の日本を徹底的に悪魔化し、自分達がやった無差別爆撃や原爆投下の事実を塗り込めようとしているわけです。日本の左翼は「反米」のはずなのに、まんまとアメリカに乗せられている。近年のアフガン空爆やイラク戦争で合衆国政府は、
「米兵の戦犯追及には応じない」
と明言しましたが、まさに、語るに落ちた、ですね。

終戦の日のニュース報道はまさに「オモテヅラの自己批判」に終始していたように思います。たしかに当初戦争を仕掛けたのは我が国ですが、そうせざるを得なかった我が国を取り巻く当時の世界情勢が深く絡んでいたこともまた事実。

また、最初の「武断」から「文治」統治へと転換しつつあった「半島政策」が列強の圧力を受けて頓挫してしまった・・ともものの本にはありました。

いつの時代にも真実は現象の下に隠されているもの・・。それを喝破する眼力を養いたいものです。


>マッキー様
わが国が大東亜戦争を引き起し、敗北したことによって、欧米列強のアジア植民地支配が終焉した事実は、是非善悪の評定はいったん措き、もっと「戦後日本人が」注目すべきだと思いますね。韓国で8月15日は『光復節』、つまり日本の敗戦で35年続いた植民地支配が終わり光明が復活した、という独立記念日にあたる祝日です。しかし同じアジアで、今や新経済大国に成長したインドでは、約250年もの長きに及んだイギリスの植民地支配が、大東亜戦争という「有色人種の反抗」によって終わりを告げたIndependence Dayであり、World relaxation Dayなのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/42167292

この記事へのトラックバック一覧です: BC級戦犯の遺書:

« BC級戦犯の遺書 | トップページ | ヘンテコ日本 »