2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 大麻で退魔? | トップページ | ごりやく日本 »

つまんねー話

民主、を名のる最大野党が党内選挙という民主的手続きを
経ることなく代表を決めたが、あまり話題にならなかった。
残念ながら国民の関心は、マスコミがあおる与党総裁選と、
力士の麻薬事件に「吸引」された感がある。つまんねー。
現在、連立政権を弄ぶカルト政党は最大野党にも隠然たる
影響力を持ち、どっちへ転んでもカルトの教祖が損をしない
ように地下へ根を張っている。
今年始め、与党が『新テロ特措法案』を提出した時、政権に
固執したカルト政党はそれに賛同。教祖の意を仰ぐことなく
決定するなど絶対ありえない組織構造だから、 その時点で
教祖は、反戦平和よりも政治権力を優先したことになる。
ところが一部の教団信者から、
「いつも言ってることと違う!戦争に協力するのか!」
と思わぬ反発(あくまでも党に対して。教祖は神聖不可侵)を
受け、慌てて180度転回した。で、総理の辞任、と。
いやはやなんとも、馬鹿馬鹿しくなるほどカルトに支配された
日本の政治であることよ。つまんねー。

ヤダヤダ。ちょっと気分転換しましょ。
大麻騒動で久々に盛り上がった相撲についてウンチクをば。
相撲。その起源は神話時代まで遡るといわれる。
むかし昔、神さまのあいだで「キング・オブ・スポーツ」は何か、
どの格闘技が一番強いかを決める『天下一武闘会』みたいな
競技会があった。数々の死闘が繰り広げられ、見事に優勝を
果たしたのは相撲の神さま、
野見宿禰(のみのすくね)。
相撲が「相互に撲る」と書くところから、おそらく太古の相撲は
今日のような組技中心よりも、むしろ打撃系格闘技であったと
推測される。その意味で、張り手は原型に近い、といえよう。
(「すまう=素舞う」を語源とする説もある)

農耕民族のわれら祖先が五穀豊穣を祈願した神事、相撲。
神社を飾る注連縄を、人間が腰に巻く(横綱)、すなわちヒトが
カミになる、それが日本人の宗教観なのである。
相撲の国際化というが、力士個人の心掛けに尽きるとはいえ、
果たしてこの宗教観を外国人が理解出来るだろうか。

ちなみに、決勝戦で野見宿禰に惜しくも敗れた神さまの名は、
当麻蹴速(たいまのけはや)。
リング・ネームから想像するに、キックが得意だったようだ。

当麻も大麻も敗れ去る、と。・・・うう、つまんねー。

« 大麻で退魔? | トップページ | ごりやく日本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

和尚もだいぶお疲れのようですね( ̄▽ ̄;)

まぁ私もですが(ノ_-;)

なんだかもう毎日毎日本当に…嫌な報道ばかりで疲れます。

ここは日本だというのに、日本を潰す為に存在する政党がしつこく生き残り、明らかにカルトだと分かっている新興宗教団体がのさばり、犯罪は減らず、寛大すぎて反日工作員まで国内に受け入れ、拉致は解決せず、厚顔な支那移民が勝手に都内で中華街を形成し始め、日本の国技は当の力士達によって汚され、他国の干渉により内政もまともにできず、正義は私利私欲によって潰される…

一人で日本の行く末を憂いていても仕方ないですし、ネットを利用してできるだけ多くの人にご理解頂けたらとは思うのですが。どうなることやら。

国内の神社全てに参拝し「国家安泰」でも願ってこようかと本気で思ったりもしております…(w;)

>蒼天様
お気遣い頂き、おかげで元気になりました。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
99年、つまり二十世紀からHPを続けてるワシの活力源は、ひとえに御覧下さる皆さんからのコメントです。そうじゃなきゃとっくにヘタってます。(ノ_-。)
国内の神社全てに参拝・・・、まったく、中韓の外圧に脅えて靖国神社から逃げて回る政治屋どもに聞かせてやりたいですね。(#゚Д゚)y-~~イライラ
ちなみに創価学会は、日蓮上人が仰った、
『神天上、善神捨国(じんてんじょう、ぜんしんしゃこく)』
という教えを原理主義的に理解し、神社そのものを邪教視するようですね。
日蓮上人が仰った本来の意味は、「日本の八百万の神々は法華経を信じないような日本国民に愛想を尽かし、国を捨てて天へ帰った。そのため神社は留守だから参拝する必要がない」と、反語的表現を用いた警告だったのですが。
また、わが親鸞は『天神地祇も敬伏し』と言っておりますが、それは「至高存在であるブッダの前には神々もひれ伏す」、という意味です。ところがこれを、神社否定に転用・悪用するサヨク坊主が、浄土真宗にチラホラいる事実。┐(´д`)┌ヤレヤレ

政治やカルト宗教関連の記事・ブログを読んだ後凹んでも、和尚のブログを読むとなんだかほっとするのです。ゆる~い感じがいいのかもしれません(笑)いや、勿論息抜きだけでなく、勉強にもなっておりますよ。どうにも私はまだまだ未熟でして、知識が足りない事が多々あり・・・(∀;)

神天上、善神捨国…創価学会的には「神の去った神社は魔の棲家と化しているから参拝するべきでない」というところでしたか?(記憶が確かならば)

天神地祇も敬伏し…神道と仏教、確かに一部ではどちらが「上か下か?」の話にされてしまっていますよね。私が修験の道に入った要因の一つに「そういう諍いが嫌だった」というのがあります。にしても…

>神社否定に転用・悪用するサヨク坊主
創価学会も許せませんが、こちらも許せませんな。そんなことばっかりしてたらブッダにも愛想尽かされますよ(笑)

ごく個人的な考えですが、神仏どちらが上か…など「人」が判断するのは「傲慢」であり「失礼」ではないかと…。

こんな言い方も俗っぽくて微妙ですが、神様や仏様って我々人間の上司の上司の上司の更に上(endless)な存在だと思うのですよ(w;)

宗教的思想抜きにしても、神仏は勿論、野山の精霊、果ては妖怪の類であろうと(笑)、人よりも力があり、知恵があり、大地や生き物に恵をもたらす方々はやはり敬わなければならないと思います…。「礼儀」って大切ですよね。

共産主義もカルトも同じこと、結局「自分が一番エラいのだ!」と言いたいだけ。
神仏に頭を垂れ、掌を合わせる純朴な仕草が馴染む日本人は今や絶滅しつつある。
何かにかぶれたのか、素朴な信仰心を持つ人に対して「後ろ向き、依存的、非文明的」と冷笑し、自分は「進歩的、理性的、建設的」と自惚れている。何のことはない、これも「自分が一番エラいのだ!」という功名心につきる。
かねがね思っていることだが、神社をけなす坊さんも他宗派を糾弾する坊さんも、結局のところ、慈悲を知らないのだろう。つまり袈裟を着ただけの香具師。まことに哀れだ。

>蒼天様
その「魔の棲家」云々、ワシも聞いたことあります。それについてワシが答えるとしたら、おまえら見たんか?、このひと言。神さまが引っ越した後に悪魔が入居する決まりになってる不動産屋って、どこなんでしょね。その場合、敷礼はどっち持ち?請求書は天界宛て、それとも魔界?領収書の名義は「上様」じゃマズイよね。
ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ


>HIROMI様
神社否定に関して言えば、身内の恥を晒しますが、反靖国運動もサヨク真宗坊主が扇動してます。『反靖国宗教者同盟』という、とても宗教家が名乗るような名称ではない物騒な団体を組織し、国と政府を相手取って、訴訟を起こしてます。
で、その訴訟。笑っちゃいますが、なんと損害賠償請求。(´,_ゝ`)プッ
「首相や閣僚の靖国参拝によって我々の宗教的人格権が著しく侵害された」
・・・シューキョーテキジンカクケン?なんじゃそりゃ。
つまり彼らは、政府関係者が「神社」という他宗教の施設を参拝したことによって、自分の信仰が国家権力によって踏みにじられた、と云ってるわけです。
どわははははははは☆m9(^Д^)プギャー
ブッダやイエスやムハマド、最澄や空海、法然や親鸞や日蓮や一遍、そして栄西や道元・・・彼らは『法難』を受けたとき裁判所へ訴えたか?ましてや損害賠償請求とやらで、賠償金を求めたか?信仰が傷つけば金が貰えると思ってんのか?
ざけんなゴルァァァァァァァァッ!凸(`Д´メ)

創価の常識は非常識ですからね。神様方は、創価学会を「名誉毀損」で訴えていいと思います(笑)

にしても…閣僚が靖国参拝しただけで「信仰が踏みにじられた」とは。狭量すぎやしませんか。

靖国には日本を守ろうと命を散らした方々がいらっしゃるわけで、そういう方々がいたから今日本が存在しているわけで。

それを訴える?賠償金を支払うのはサヨク坊主さん達の方ではないですかね。

>蒼天様
ちなみに彼ら反靖国宗教者同盟は、『9.11』の直後にも、同様な訴訟を起こしています。あのWTC崩壊の映像を見ても、てめえらの「傷ついた信仰」とやらを優先出来る感覚は理解不能。宗教対立が人類の未来を左右する世紀にあって、信仰が傷ついた云々を口にすることの愚かさ、そして、かつての大東亜戦争開戦当時の日本の状況にも通じる米英による中東イスラム社会の蹂躙、これらを目の当たりにして「反靖国」を云うことが、どれほど人倫にもとるか、分からないなら、サヨク坊主以前に、人間ではないとワシは思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/42425413

この記事へのトラックバック一覧です: つまんねー話:

« 大麻で退魔? | トップページ | ごりやく日本 »