2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 平成彼岸哀話 | トップページ | 幽閉? »

天竺へ

テレビの芸能ニュースを見てたら昔懐かしいインド人の
演歌歌手、チャダが再デビューするとか。
ジェロの人気に触発されてのことだというが、たしかに
“初の外国有色人種演歌歌手” は、チャダである。
十年ほど前ワシは南インドのチェンナイで友人を介して
一度だけ会ったことがあるが、そのときに比べると少々
ダイエットした様子だ。とはいえかなりの巨漢である。
トレードマークの髭も、実際には白髪が目立っていたが
黒く染めたようだ。いずれにせよ、ヒットを祈りたい。
(新曲 『踊るマハ・チャダ』)

そんな彼の故郷インドへ、9月28日からワシは行く。
目的地は、現代仏教の中心地:ナグプール。
サンスクリット発音「ナーガ(龍)プーラ(都城)」と称する
この町こそ、今から五十二年前、不可触民階級出身の
インド国憲法起草者にして初代法務大臣アンベードカル
博士が、衰えて久しかったインド仏教の復興を宣言した
人類史に刻すべき場所である。
またここは、その地名が示すとおり、大乗仏教の創始者
ナーガールジュナ(龍樹)が活動の拠点とした所であり、
ナグプールとはナーガールジュナプーラ、龍樹の法城を
意味している。
この地に根を下ろし四十有余年、だだ一度も祖国に戻る
ことなく、仏教復興に命を賭して来た日本人がいる。
佐々井秀嶺(ささいしゅうれい)
ワシはこの七十過ぎたじいさんに、心底惚れてしまった。
弱きを助け強きを挫く、義理人情・浪花節、語る前に走る
佐々井師は、ワシにとって仏門の大先輩であると同時に

父にも等しい存在であり、肉親の情すら感じている。

今回ワシは、アンベードカル博士の仏教復興宣言を記念
した例年行事に参加し、改宗式のお手伝いをする。
改宗式、とはヒンドゥー教徒が圧倒的多数を占めるインド
社会にあって、神の名において人間としての尊厳を踏み
にじられた不可触民階級の人々が、 彼ら自身の決意で
ヒンドゥー教から仏教へ改宗する『復活再生』の儀式だ。
開催期間中、佐々井師はろくに食事も摂らず彼らのため
朝から晩まで「戒」を授け、祝福を送りつづける。
非力ながらワシも、せめてその万分の一でもお手伝いを
させていただくつもりだ。(気絶するほど腹は減るが)

それでは、行って参ります。
ケータイの充電と通信環境が許せば、ナグプール市から
この『てやんDay!』を更新、レスしたいと思っています。
帰国は二週間後になる予定です。 南無。(-人-)

« 平成彼岸哀話 | トップページ | 幽閉? »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

いよいよ明日、ご出発ですか!和尚様のご活躍、そして滞りなく改宗式が済みますことを祈念しております!
そうそう、チャダさんが再デビューするんですってね♪どんな曲を披露してくれるのか楽しみです!

それでは、お気をつけて行ってらっしゃいませ~

和尚様
昨日、ニューデリーで爆弾テロがあったばかりです。
くれぐれもお気を付けて行ってきて下さい。
改宗式の無事と旅の安全を心よりお祈りしております。
私も十数年前渡天竺した事がありますが、その頃とはずいぶん変ったでしょうね?

行ってらっしゃい。
ミャンマーで長井さんが射殺されて1年。事件はすっかり振り返る人もなく…。
チベットやインド、ネパールなどで抑圧に苦しんでいる人々のことは、せめて忘れないようにしてほしいものです。
またいろいろと教えてください。
お気をつけて。南無阿弥陀仏。

〉HIROMI様
ナグプールに到着しました。で、佐々井師から開口一番、
「いま暴動が起きてる真っ最中なんだ。町中武装警官や私服がウロウロしておる。あんたの場合、パスポートの提示を求められると、インドのビザばっかりだから怪しまれる。しばらくはおとなしくしてなさい。」
え?記念式典や改宗式は?
「まぁ、とにかくおとなしくしてなさい」
…どうなる?!これからの二週間!!
(つづく)

〉まねき猫様
十年前と今とでは、都市部の暮らしは様変わりしましたよー。とりわけ物価の高騰は異常なほどで、例えば十年前は最高額紙幣が500ルピー札だったのに、今では1000ルピー札になりましたからね。もはや1ルピー札や25パイサ硬貨は、地方農村部にでも行かない限りお目にかかれません。

〉凡夫様
一事が万事、なにごとも身を以って体験学習しないと納得しない(身につかない)損な性分ゆえ、今ここにこうしております。今夜から二週間暮らす部屋には先客がいました。特大のヤモリ君です。ご夫婦で逗留泊なさっておられるご様子。あまりにデカイので、ワシの滞在中、ティラノサウルスに進化する可能性があります。

和尚様
最初から過酷ですねえ!
でもなんか、私もすぐ行って合流したい気分です。
そうですか、どこも物価は騰がっているんですね。

私が行った時は路上で縁石の様に家族が沢山寝ていましたけど、今はそういう光景は無いんでしょうか?
物売りも酷かったです。
私、サイババに会いに行ったんですけどね。

私の住んでいる島にも大型の天然色のヤモリ君が居ます。
夜中に大きな声で「トッケー!トッケー!・・・」
とか鳴くんです。
奇数回鳴いたら良い事が有るんだそうですが!?
その御夫婦は鳴きません?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/42600212

この記事へのトラックバック一覧です: 天竺へ:

» わたしのブログ [わたしのブログ]
楽天ブログ - わたしのブログ [続きを読む]

« 平成彼岸哀話 | トップページ | 幽閉? »