2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« テロと日本 | トップページ | 破綻時代 »

マダム13

外交問題は『ゴルゴ13』で勉強した、と憚りもなく公言する
自称まんがヲタクの麻生は、総理大臣になったらそれこそ
スナイパーを使ってでも、拉致を解決してくれるはずだ。
これが媚朝だったら、デューク東郷の銃口が次に狙うのは
誰か、愛読者なら分からぬわけがない。
金正日の健康状態に関し様々な憶測や風聞が駆け巡って
いるが、とりあえず韓国筋の情報を信用してみるか。
小泉訪朝の際には既に死亡していた、 というトンデモ系の
説もあるが、なるほど最初の日朝会談と2度目の時とでは
将軍様の顔つきが違い過ぎたように思う。
人民を餓死させながらの「美食三昧」で、脳の毛細血管に
テポドンがびゅんびゅん☆飛び交っているのだろう。
酒池肉林と主体思想(チュチェササン)。まぁ、語呂が似て
いなくもないが。

檀家で読経を終え、お茶を頂いてる時のこと。
チューリップ柄のエプロン姿も初々しい若奥さんが云った。
「あたし、キムって死んでると思う」
見た目に似合わぬハード・ボイルドな御言葉に、驚くワシ。
「あの人のファッションて、なんか嘘臭いですよね」
たしかにね。側近は誰も言えねえもんな、ダッセエ!とかさ。
太鼓腹のくせしてジャケットのファスナーをぴっちり閉めてる
から、なんか、巣鴨とげ抜き地蔵のおばちゃん、みたいだし。
あれで豹柄のスパッツとか穿いたら、もう完璧だよな。
「例の巨大な眼鏡と、左右刈り上げテッペン盛り上げの髪形
だって、すっごくワザとらしいと思うんですよね」
他にはサンドウィッチマンの伊達ぐらいしかいねえもんなあ。
「つまり、影武者を作りやすくするためだと思うんです」

ううむ。若奥さんの炯眼に、思わず感服したワシ。
彼女が云うに、奇抜なヘア・スタイルとやたらでけえメガネは
金正日を『記号化』するためではないのか、と。
例えば遠距離からの狙撃を企てる暗殺者が標的を識別する
には、対象が持つ固有の特徴がその鍵となる。
超高性能スコープを使ったとしても、 正確迅速が要求される
暗殺においては、やはり確定要素が求められるわけだ。
小太りの東洋のおっさんを、あの髪形にして眼鏡をかけさせ、
ファスナーをぴっちり閉めさせれば、将軍様一丁上がり。
それを見抜いた若奥さん、ゴルゴ13ならぬ、マダム13だ。

自民党総裁選候補者の諸君、国民はちゃんと見ているよ!

« テロと日本 | トップページ | 破綻時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり?です。三日間秋峰修行で顔出しできませんでした。すみませぬ(^_^;)

マダム13に激しく同意です(笑)

確かに将軍様の姿を真似る事は容易そうですよね。

脳卒中?で倒れた将軍様も影武者だろうとは、友人とも話しておったのですが。

どの情報が真実かは分かりませんが、将軍様が倒れて後継者問題が出、国が更に荒れ、難民が日本に流れ込むという事態には陥って欲しくないですね。

ちなみに行の合間の休憩中、北朝鮮と支那ネタが出た時に、師匠が笑いながら「怨敵調伏」と言って、その後火渡りとおねり法楽があったのですが…まぁ深く考えないことにします(笑)

和尚は月末インドに行かれるそうですね。十分気をつけて無事にこちらへ戻ってきて下さいね(^_^)v

>蒼天様
金正日が亡くなった場合、内戦勃発が想定されます。長子の正男は軍と密接な関係を持っているようですが、国家代表の器としてはよく知られたように弟の正哲の評価が高い。しかし正哲は軍部と疎遠で、正男とは腹違い。そこで正男が軍を扇動して正哲陣営の一掃を図る可能性もあります。その際に危惧されるのは、正哲側に付いた者達が「武装難民」として日本へ雪崩込んで来ることです。
もし日本に世界水準の外交技術と諜報能力があれば、この兄弟間の跡目争いを利用して、一気に拉致問題を解決する道もあるのでしょうが、いかんせん・・・。

遂に麻生さんが総理に確定しました。
和尚は麻生さんに対しどういう印象をお持ちでしょうか??
私の中では麻生でダメならもう他の誰がやってもダメだとすら思っています。
早速マスゴミは麻生叩き更にひどくなれば、小沢を首相にどかいう寝言を言っています。(どう考えてもそれだけはない)
安倍さんのときと違いもう日本人は騙されないと思います。
少なくとも私は騙されません。

今後の政治を頭が悪いなりに、静観しようと思います。

>ま~様
麻生を支持しても小沢を支持しても、とある政党の思う壺になります。
それは創価学会公明党です。以前のコラム『CULT WARS』のレスで述べた事と重複しますが、麻生は学会票との比例区協力強化で自民党内をまとめたことで、三百票以上を獲得しました。また、今日の自公連立政権の基礎を作ったのは、現民主党の小沢一郎代表です。小沢氏は自民党時代、当時の公明党・石田一朗氏との間で『一一(いちいち)ライン』と呼ばれる同盟関係を結びました。また現在、公明党が掲げている「テロ特措法延長反対」「大幅減税」「移民受け入れ」「外国人地方参政権」などは、民主党の政策方針と軌を一にします。もし総選挙で連立政権敗北が必至となった場合、公明は民主側に寝返るでしょう。なんとなれば公明党は、東西冷戦時代には「中道政治」をその立場とする、どっちつかずの日和見政党だったのですから。
さて、ここには韓国と中国が日本の地方自治を乗っ取る企みも潜んでいます。
韓国について云えば、それまで「禁教」扱いだった創価学会が、金大中政権時代に韓国内での布教が許され、その途端に三十万人(当時)の信者を抱えるKSGIが誕生しました。これはかねてから在日信者が本国の親類を陰で折伏していたからです。公明党が外国人地方参政権を推す理由は、そこにあります。中国については、当分、布教の公認は有り得ないでしょうが、資金協力の面で、中国の大学はすでに籠絡されています。「○○大学名誉博士」「△△大学名誉学長」など、中国から池田大作に贈られた称号は、数え切れません。ここにもまた外国人地方参政権(=外国人信者の公明党票)への布石が見えますね。
また、ブラジル創価学会=BSGIは、創価学会インターナショナルの中でも屈指の規模を誇ります。かつてブラジルの日系移民のあいだでは、戦後しばらく「日本の敗戦を信じるか?信じないか?」で対立があったそうです。なにしろ情報が乏しい時代でしたからね。結局、敗戦の事実が認識されると、天皇崇拝を拠り所にしてきた日系移民たちはアイデンティティー・クライシスに陥り、そこへ創価学会の手が伸びて、BSGIという巨大組織が誕生しました。現在、北関東某所には「ブラジル村」と呼ばれる南米からの出稼ぎが多く住む場所がありますが、もしも外国人地方参政権が認められたら・・・!
ですから、麻生か小沢か、という二項対立に単純化された裏ではもっと深刻な国難が忍び寄っているのです。

なんとなく和尚がおっしゃっていられることは
知ってはいたんですが、脳内ですごく整理がつきました。
ありがとうございます。
しかし、創価はなぜこうも受け入れられるのでしょうか。
創価に対抗できる何かはないんでしょうか、、、
創価とは別に最近の原油投機で儲けを出したロシアがまたアメ対抗で戦争を仕掛けそうな気がしなくもないですが、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/42493157

この記事へのトラックバック一覧です: マダム13:

» 絶対!納豆党 [絶対!納豆党]
ネバネバ健康食品の代表である納豆。毎日食べているから80歳でも病気知らずな方もいます!そのうえおいしい★混ぜれば混ぜるほどふくよかなそのおいしさは広がる・・・どうせならいつか究極の納豆を食べてみたい!!!! [続きを読む]

« テロと日本 | トップページ | 破綻時代 »