2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 平和 | トップページ | 折り鶴 »

学ぶ喜び

学ぶ喜び
ナグプール市における就学率はインド全体から見て、高い。それは仏教復興の父:アンベードカル博士による差別解放と、佐々井秀嶺師の生命を賭した尽力によるものだ。
かつては、差別する側もされる側も、
「畜生ふぜいに読み書きは要らない」
と、就学の機会どころか、必要性すら踏みにじられて来た。
今、その子らは学びの喜びを知り、人間としての誇りと笑顔を取り返した。
小さなブッダたちは、今日も元気一杯、やんちゃにはしゃいでいる。

« 平和 | トップページ | 折り鶴 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

私の住んでいる島の一流ホテルを貸しきって、一千万円分の花火を揚げて結婚式をしているインド人の輩に、この子達の魂の喜びはわかるまい。
そこでタダでビールを飲んできたのは私です(=´Д`=)ゞ

〉まねき猫様
ビビビ、ビール!かあぁぁっ、飲みてぇ!
復活したインド仏教は原点に立ち返った教義なので、禁酒禁煙禁エロなんですよ。ぼぼぼ、煩悩があぁぁぁ…っ!
さて、権利を勝ち取ったインド仏教徒子弟の教育事情と、現代日本におけるそれを比較しても意味はないでしょうが、ひとつ言えることは、彼らの学校では、子供の自主性を尊重するとか教師と生徒は平等だとか国旗国歌を強制されないとかいうような馬鹿げた寝言は聞こえない、という極めて真っ当な点でしょうね。

まっとうな意識の下で、教育を受ければ法律も刑罰も要らなくなると思います。
罪を犯すやつがいなくなりますからね。
彼らの純粋な瞳がそれを物語っています。
和尚、インドの帰りに私の島に寄って行きます?
結構近いですよ。
ビールぐらいおごりますよー(*^ω^*)プハッ!

〉まねき猫様
だだだ、だから誘惑しないでくらはいってばー。夕べなんて水浴びしてる最中に停電して、フリチン状態で右往左往してるところを近所の娘さんに目撃され、股間のガネーシャ(ヒンドゥー教の象の神様)がご開帳してしまい、パニックで汗びっしょり。何のために水浴びしたか分からなくなっちゃったんですからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/42678437

この記事へのトラックバック一覧です: 学ぶ喜び:

« 平和 | トップページ | 折り鶴 »