2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 「宗教の時代」に | トップページ | 人生を語らず »

選挙教団

檀家の元特攻隊員のジイサンが火を噴くように息巻いた。
「朝っぱらから腹が立ってしょうがねえ!」
おいおい、いきなりなんだよ。奥さんの十三回忌の相談を
しに来たんじゃないのか?
「いや、近所の若い嫁さんなんだがね、その女、いつもは
無愛想で挨拶もしやしねえのに、今朝ゴミ捨てに行ったら、
にこやかにオハヨウゴザイマスときたもんだ」
結構なことじゃないの。老けセンって流行ってるらしいぞ。
「なんだか知らねえけどよ、あろうことかこの俺に向かって、
お父さんお元気ですか?とヌカしやがった」
ほー、ますます期待出来るじゃない。
「あんな娘もった覚えはねえ!和尚も知っての通り、俺は
町内の “お稲荷さん” の掃除当番を仕切ってるが、あの
家は一度だって手伝ったこたねえ。ふざけやがって!」
そうか、あそこの嫁さん、学会か。
「いつかそれで文句言ったら “信仰は自由です” とかワケ
わかんねえことホザキやがる。自由と掃除当番は別だろ」
うん。選挙が近いから急に愛想良くなったんだな。

ワシはその女性についてある程度知っている。
姑と不仲で、しかも軽度障害児を抱え、夫はリストラに遭い、
それまで一般的なサラリーマン家庭で育ち普通に女子大を
出て普通にOLをし、結婚した彼女にとっては、人生で経験
する初めての苦労であった。
まさに、『病・貧・争』を狙うカルトの典型的パターン。
団塊ジュニア世代の彼女は育った家庭に宗教的雰囲気が
まったく無く、神棚も仏壇も知らないまま大人になった。
そのため哀しいことだが、格好の餌食となった。

カルト団体には新規来訪者を接待するマニュアルのような
ものがあり、苦悩を抱えた人を、下にも置かず歓迎する。
「私たちは貴方を待っていました♪」
悩んでいる人は揺れている。その揺れを止めるには思考を
型枠に嵌めればよい。枠に嵌まれば揺れなくなる。
揺れなくなった人は、救われた!と勘違いするのである。

「あの嫁、最後に “ヤノは地獄へ落ちますよ” とか言ってた
けど、そりゃどこのどいつだい?」
功名党の元委員長。学会に反旗を翻した人物だな。

「なんだ、それなら極楽往生間違いなし、じゃねえかよ☆」
元特攻隊員のジイサンは、笑いながら去って行った。

« 「宗教の時代」に | トップページ | 人生を語らず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど。実に分かりやすいですね。手のひら返し(笑)

けれど、信者の方々以外はS価にいいイメージを持っていない方が多いので、K明党の支持率アップは見込めないでしょう。私の家にも先日K明党の選挙用チラシが届いたのですが、ビリッビリに破いて捨てました。フフフ…

>山犬様
功名党単体での支持率UPはまず不可能に違いないですが、そのために比例区という「魔術」があるわけです。しかもカルト信者の投票率はほぼ100%(選挙に行かないと仏罰が当る、地獄へ落ちる)ですから、地眠党にとってなくてはならない友党なわけです。功名党は、お触り愍酒党を批判して、
「出来もしないウマイことばかり言っている。財源もまったく不明瞭だ」
とまぁ、確かに間違っちゃいませんが、そういうてめえたちの『定額減税』はどうなのよ?と言えない浅う地眠党・・・。(´;ω;`)ウウ・・・

…S価の偉い人達はちょっとでも悪いことが起きると(例えば転んで足をひねったなんてレベルでも)なんでもかんでも「仏罰だ!」と騒ぎますからね(w;)それで騙されてしまう人もアレなんですが…まぁ批判はこの辺にしておきましょう(笑)

A生氏率いるJ民党は、K明党と手を切り、J民党内の反日政治家を追い出すことができれば、まともな政治をしてくれるんじゃないかと思います。

…まぁそれがなかなか難しいわけですが…(´,_ゝ`)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/42848781

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙教団:

« 「宗教の時代」に | トップページ | 人生を語らず »