2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 必生のひと | トップページ | なまぐさ漫談 »

パンチDE坊主

告白しよう。ワシは、身分不相応な贅沢をしてしまった。
岡山からの帰途、あろうことか新幹線『のぞみ』グリーン車に
乗ってしまったのだ。いや、自慢じゃなくて。
南天鉄塔協会で御縁を頂いた真言宗の名僧方から御懇志を
賜り、つい調子コイてそのお金でグリーン券を・・・。
なんとさもしい根性であろう。罪深き我が身を呪わざるえない。

天罰てきめん、というお話。
岡山発の車内は空いていて、ゆったり優雅なひと時を満喫。
だが、新大阪に着いてから事態は急変した。
ワシは飛行機でも必ず通路側の座席を選ぶ。足を伸ばせるし
便所にも行き易いし、ワゴン・サービスにも便利だからだ。
のぞみが新大阪駅を出た直後、ワシの隣の窓側の席を買った
男性がやって来た。あわてて荷物を棚に移す。
「えらいすんまへんなあ」
ドスの利いた関西弁。見れば、パンチ・パーマに黒スーツ。
あきらかにそっち方面の関係と分かるいでたちの人物だった。
が、彼もまたワシを見て、瞬時に表情がこわばった。
(丸坊主で目付きの悪い親父やな。どこの組のもんじゃい)
四十五度に傾斜したサングラスの奥で殺気が走る。
それからというもの、両者のあいだにはアルティメットな緊張が
縦横に張りめぐらされた。うっかり咳払いもできない。
すると、黒スーツの内ポケットへ手が・・・。出るか?トカレフ!
「もしも~し。おお、ワイや、いま新幹線の中じゃ」
携帯をつまんだごつい指は、ぎょえッ、一本足りねえじゃん。
ワゴンのお姉ちゃんが来たので気分転換にコーヒーをたのむ。
(東京弁やな。この丸坊主、関東ヤクザや)
紙コップを口に運ぶワシの動きを、パンチが横目で追っている。
い、いかん。ワシ、小指「あり」だ。なんか負けてる。

ここは堂々たる態度で圧倒せねば、生命のキケンが危ない。
そうだ☆岡山駅のキオスクで買っといた駅弁を喰おう、堂々と。
おーいお茶、もある。まさに完全武装だ。
わざと大振りな動作で、泰然自若と弁当をひろげる。
『桃太郎の祭りずし』
包装はなごみ系。桃太郎&スリー・アニマルズのゆるいイラスト。
いいッ♪これはいいぞッ。空気の主導権を掌握したッ☆
おもむろに取り出した駅弁容器は、ピンク色のプラスチック製で
桃の実をかたどった保育園児用弁当箱@アダルトSIZE。
(やられたわ。この丸坊主、ただもんやないで)

パンチがそう思ったかどうかは知らないが、降車した後、ワシの
腋の下は、冷や汗でぐっしょりだった。
教訓:グリーン車は特殊な方々専用です。身分を弁えましょう。

« 必生のひと | トップページ | なまぐさ漫談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天罰…ですかねぇ?( ̄▽ ̄;)

でもまぁグリーン車なんて滅多に乗れないですし、できる時にそういう経験をしておくのも、見聞を広める為にいいことなのではないでしょうか(←無理矢理なフォロー?)

ちなみに…「指が足りないのはヘマをした証だ。たいした奴じゃねぇ」…と知り合いの某氏が昔言っておったのを思い出しました(笑)

>山犬様
天罰(Divine Punishment)という言葉を使ったのは、もちろん例の『小室騒動』に絡めたわけです。しかしマスコミは相も変わらず「水に落ちた犬は打て」の伝で、叩きまくってますなあ。だいたい、世間知らずの楽隊屋がカネに惚けて転落するなんて、大騒ぎするようなことじゃないとワシは思うね。才能と人格は、完全に別個のもの。かつてヒットを量産したからって、所詮、PCの作曲ソフトがあってのものだし。
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
もうひとり、期を同じくして叩かれているのは田母神「元」空自幕僚長。最初、例の論文が取り沙汰された時は(被害者、という言葉の使用を除いて)よくぞ言った!と感心してましたが、国会に呼ばれて、なんか言うことがどんどんサヨになってるような気がするんだよねえ。( ̄Д ̄;;
「村山談話は言論弾圧の道具になっている」
たしかにそうなんだけど、これは武人(もののふ)の云う台詞じゃないとワシは思うのであります。防人の矜持は何処へ?(ノ_≦。)

そうそう、田母神氏って、なんか中学生みたいなんですよね。ホームルームで劣勢に立たされ、悲劇の主人公になりきり、涙目になってた奴いましたよね。
あれだけの勇気ある正論をふりかざしたのだから、最後まで「可哀想な僕」「大人はわかってくれない」みたいな拗ねた物言いはしないで欲しかったな~
だけど、これ幸いと任命責任を追及する野党のハシャぎっぷりの方がやっぱりイヤだ。

田母神氏叩かれてますねぇ。でも正直屈して欲しくはないですねぇ。

とはいえ、田母神氏たった一人で大人数を相手に論戦を行うのはあまりにも厳しい状況でしょうから…気持ちは分からなくもありません。

外に出れば田母神氏の論文を賞賛・応援してくれる人間もいますが、一般人の入れない会場で行われる集団リンチ(言葉が悪いですね。失礼)には、我々は加勢できませんからね。

HIROMIさんの「これ幸いと任命責任を追及する野党のハシャぎっぷりの方がやっぱりイヤ」は激しく同意します。

私も田母神氏には頑張ってもらいたいと思っていますが、
先ごろNHKワールド(こちらでは”エヌ・ハー・カーと言う)と契約していた衛星放送が、
もう一つの衛星放送会社に潰されてしまって、唐突に閉鎖をしてしまったので、
日本のテレビが見れずネットからだけの情報なので臨場感がイマイチありません。
でもHIROMIさんのおっしゃるハシャぎっぷりが手にとってわかるようです。
まったく大人気ないですね、やっぱり日本はイジメ社会だと実感します┐(´д`)┌ヤレヤレ

追伸
和尚と隣のパンチのおっさんのツーショットを
ハタから見ていた人たちはさぞかし怖かったでしょうね?
ましてやピンクの桃型お弁当箱じゃあ!近寄りがたし(@Д@;

>HIROMI様
たかが葬式坊主のワシが元エリート空幕長についてあれこれ云うのもナンですが、田母神論文の瑕疵は情緒に走り過ぎたことだと思います。そのため正論も「トンデモ説」がかって聞こえてしまう。彼が被害者意識を持つのは自由ですが、武人としては少々淋しい気もします。その後の態度も、彼を叩く野党にかえってエサを撒いてるような印象を受ける。『理』が立たない戦(いくさ)は無駄に将兵を死に追いやるもの。彼にはその意味での「軍師」になって欲しいですね。( ゚д゚)ホスィ…


>山犬様
もし田母神氏が屈することがあるとすれば、それは持論(=正論)を曲げるのではなく、情的に心が折れた時でしょう。それは多分ないとは思いますがね。村山談話こそトンデモ説であることは、「過去の一時期多大な迷惑をかけました」と頭を下げられた方のマハティール首相(当時)が明言しています。だが、現麻生内閣も村山談話の踏襲を是としています。野党がはしゃぐのは、所詮、単なる野党根性。最大の問題は、現自公政権にあると思います。なにせ公明党創価学会は、むしろ社民・共産と等しいくらいの『アジア謝罪路線』ですからね。o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!


>まねき猫様
わはは☆たしかに。パンチと坊主が並んでたら、それだけで凶器準備集合罪みたいなもんですからね。そういえばワゴンの姉ちゃんも、ビミョーにひきつった顔してました。お釣りを渡してくれる時、若干ふるえてたかも知んない。他の乗客の皆々様、誠に申し訳ございませんでした。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/43064080

この記事へのトラックバック一覧です: パンチDE坊主:

« 必生のひと | トップページ | なまぐさ漫談 »