2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 『リダクテッド』 | トップページ | 岡山にて »

おそなえ

ご遺族の気持ちを考慮すればネタにすべきでないことは
充分承知した上で、不可解な『御供え』を紹介したい。

1.追い打ち?高カロリー系
一般的に仏前への御供えとして考えつかないメニューを
あえてチョイスしてくるひとがいる。
コンビニの「ペペロンチーノ大盛」、お惣菜屋の「豚カツ」、
ケンタやマックのバリューセット。
とりわけペペロンチーノの時はニンニクの匂いが納骨堂
全体に充満して、かなり衝撃的だった。

2.なぜ今から?ヘルシー系
内容表示が明確な健康食品だけチョイスしてくるひとも。
「乳酸菌○○億個!」
「低GI」
「カルシウム豊富で丈夫なからだ」
うーむ。これも愛情ではあるのだろうけど、なんだかなあ。
ましてやすでにお骨になってるのに、カルシウム豊富って
ブラック過ぎやしないか。

3.嫌煙反対派?でもそこは・・・
霊前にタバコを御供えするのは故人の嗜好品として別に
問題ないが、困るのは、御本尊の前にあるお線香を炊く
香炉に火をつけたタバコを立てるひと。
これ、けっこう多い。
悪意がないぶん注意の仕方にも気を遣わざるえない。
近ごろは「嫌煙」を言いさえすれば善人、みたいな風潮で
呆れるが、犯罪等、実害に結びつく危険性は飲酒の方が
はるかに高いではないか。

「あの野郎、ブッ殺してやる!」
と思って一杯飲ったら勢いがついて凶行に走るが、一服
吸ったら落ち着いて、やめとこ、と思うだろう。
まぁ、お線香を炊いて瞑想でもすればもっと良いのだが。

さて明日は岡山県へ。

« 『リダクテッド』 | トップページ | 岡山にて »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/43029531

この記事へのトラックバック一覧です: おそなえ:

« 『リダクテッド』 | トップページ | 岡山にて »