2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 『未来を写した子供たち』 | トップページ | 紅蓮天竺 »

荒唐無稽

このところ身内ネタが続いたので久々に天下国家をば。
麻生内閣(そう呼ぶに値するかどうかは措く)をひと言で
いえば、荒唐無稽型自滅政府、とワシは断ずる。
テレビCMまで打って「景気回復」を連呼しているがその
内実たるや、水さえ与えりゃ雑草は満足する、と国民を
小馬鹿にしているだけではないか。
教育改革はすでに終わったつもりなのか。水だけ与えて
伸び放題、荒れ放題の原っぱにしておいていいのか。
なるほど景気回復も重要だが、回復したとしてその後に
どんな日本像を描いているのかが問題だ。
またぞろバブルよろしく「カネ持ちの馬鹿」を量産すれば
それでいい、と思ってるようにしかワシには思えない。
おバカタレントが群れて歌う“頑張れ日本”と同じ程度の
意識でいるのなら、自滅政府と言わざる得ない。

「日本を強い国にする」
安倍内閣の「美しい国」と抽象の度合いは変わらぬ。
一体、何に対してどのように強くしたいのか。
北朝鮮による拉致事件にしても、卑劣な誘拐犯の顔色を
伺うばかりで、救出しよう、という具体的行動はない。
初の黒人米国大統領が親中・親朝になる可能性が濃厚
であるなら、本当の意味で「強い国」とならなくては国民の
生命を犯罪者の手にゆだねることになる。
強い、と乱暴は違う。武に勝る文を揮うのが、強い国だ。
拉致工作員の跳梁跋扈を許しながら、国籍法を変えよう
などと、真っ当なおつむの沙汰ではない。
しかも国籍法改悪の裏には、某カルト政党の思惑がある。
日本人男性信者が、自己申告をしただけで外国人子弟を
“わが子”と認定出来るようにする、それが奴らの狙いだ。

加えて、在日信者、長期滞在外国人信者に地方参政権が
与えられれば、早晩、カルトが天下を取る。

「王仏冥合(おうぶつみょうごう)」
おおかたの健全な日本人には聞き慣れない言葉だろうが、
意味は、カルト教祖が国家元首となれば日本は理想の国
になるということ。くれぐれも、荒唐無稽と笑うなかれ。
現行の連立政権は、かかる狂信的妄想を奉る団体の票を
借りて成り立っているのである。
強い国、を言う総理大臣閣下は、カルトにゃ弱いのである。

ワシの言うことが荒唐無稽であって欲しい、と真に願う。

« 『未来を写した子供たち』 | トップページ | 紅蓮天竺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

民主小沢氏やカルト教祖などの独裁者が政権を握るのも、カルト票を気にして公明に甘い自民が政権を握り続けるのも危険。保守派の議員のみで新政党でも作って下されば喜んで票を投じますのに。

カルト教祖はともかく、日本で生まれ育ちながら日本を愛せない議員のなんと多いこと…。

国民も政治に無関心な人々が多く、テレビはご都合主義の偏向報道。日本はやはり亡国となるしかないのかと…時折心が折れそうになります。

日本の文化も歴史も風景も私は大好きなのですが…他国に侵食されればこういうものはいずれ消えてしまうでしょうね。

それが天命だというのなら従うしかないのでしょうが、私は欲が深いですから(笑)最後の最後まで「日本人としての自分」が捨てられないと思います。

>山犬様
地方を電車で訪ねるといつも思うことですが、駅前の風景はどこも同じですよね。日本の原風景なんて意識して探さなければ見つけられなくなってます。その代わり、米国資本の外食産業はどこにでもある。マ〇ド〇ル〇にケ〇タッ〇ーetc・・・。
あれを本気で旨いと思ってる日本人なんているのか?と思いますが、そこいら中にある。かく言うワシとて、例えば京都に行った時、ご当地モノを食べるのに『にしんそば』ではなく、京都マクドへ入りますが(単に値段と味の当り外れがないから)。
近年、日本国民の成人病に「大腸ポリープ」が急増してるのは、敗戦後たった六十年で食生活をアメリカ化したせいですよね。明治維新まで肉を食べることをタブー視してきた民族なのに、たかだか六十年で体質を変えられるわけがない。にも関わらず、毛唐の真似すりゃ出世した気分になって、ホイホイ伝統を捨てる。そろそろマジで気付かないと、江沢民ではありませんが、日本が消えて無くなります。

お返事有難う御座います。

えぇ、日本の原風景はどんどん減っておりますね。神々や精霊の息づく山や森もいずれ潰されてしまいそうです…

そして伏すものがなくなれば、山伏も消えていくでしょう。

先を見て腹を括りました。

諦めとは逆の意味でですが(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/43231081

この記事へのトラックバック一覧です: 荒唐無稽:

« 『未来を写した子供たち』 | トップページ | 紅蓮天竺 »