2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 瞳 | トップページ | アジアの現実 »

小さき神の子ら

笑顔
南アジアの夜明けはけたたましい。
5時頃、イスラム教モスクから朝の「アザーン」が響いて来るのを皮切りに、下町一体がいっせいに動き出す。おかげで目覚まし時計は必要ない。仏教寺院に居候しているワシは、毎朝6時からの勤行に、イスラム教徒の祈りに叩き起こされて、出仕する。
ナグプールの町を袈裟を着けて歩いていると、よく佐々井師と間違われる。インド民衆にしてみれば、黄色人種で不可触民居住区にいるのは佐々井秀嶺、ということなのだろう。
「お坊さん、ササイ・バンテ・ジー?」
子供らから質問されて、違うよ、と答えた時の、ちびっこたちのがっかりとした顔を見ると、なんだか申し訳ない気持ちになる。
「ジャイ・ビーム!」
子供が仏教徒式の挨拶をしたので名前を聞くと、
「ムスタファ」
イスラム教徒であった。

« 瞳 | トップページ | アジアの現実 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/43563910

この記事へのトラックバック一覧です: 小さき神の子ら:

« 瞳 | トップページ | アジアの現実 »