2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 行動する仏教 | トップページ | 地獄ドライブ »

曲学阿世

朝青龍に殺害予告!と聞いて、そんな強い奴おるんか?と
ワシは考えた。って、素手で挑むわけねえわな。
だが「既知外」が大手を振って罷り通る世の中、横綱並びに
関係者各位、なにとぞご用心くださいませ。
この手の「愉快犯」を聞くといつも思うのだが、気力と体力が
有り余り過ぎて、そのぶん妄想力が暴走している感じだ。
横綱が気に喰わなけりゃ相撲見なきゃいいじゃん。
「国技を冒涜してる!品格がない!」
ほおー、どちらの偉いさんですか。要は、そいつを負かしたら
いいだけのこと。ノー・サイドだったら品格ありますかね。

ワシは格闘技全般が好きだから相撲も見る。確かに朝青龍
の取り口には、相撲っぽさ、がない。アルティメット系だ。
かつて曙がとやかく云われた時、ワシは、
「初の外国人横綱なら、初の“覆面悪役力士”になれぃ!」
と提唱した。ぜひ朝青龍関にもご検討を頂きたい。
ネット掲示板で生かすの殺すの悪ふざけに興じるクソガキは
言うに及ばず、てめえでは汗も流さず痛い思いもせず、口先
だけの御託をならべる連中よりも、鍛え上げた肉体で悪役を
演じる戦士にこそ、ワシは共感を抱くことが出来る。

前置きが長くなったが、さて、今回の表題。
「きょくがくあせい」と読む。
学問的真実をネジ曲げて権威におもねるエセ学者、の意。
じつは、アカデミズム業界には、そんなゴキブリみてえな学者
先生がうじゃうじゃ巣くっているそうな。
新たに真実が発見されても、発見した人物が気に喰わない、
というだけで、「白」を「黒」と言い換える学者もいる。

先日、知人の解放活動家から電話をもらった。
「ガイド・ブックを読んでたら、『世界の迷い方』インド編の中に
ひどいデタラメが載ってましたよ。インドの仏教徒は総人口の
約0.7%、ですって。仏教徒一億人が0.7なら地球はインド人で
埋め尽くされちゃうじゃないですか」
・・・まったくだ。じつは、この数字には政治的ウラがある。
ヒンドゥー教徒が圧倒的な多数派を占めるインド政府とっては
反カーストの立場をとる仏教は、ある意味、邪魔な存在。
そのため、公式発表する数字は意図的に矮小化され、日本の
政府も外向的な損得勘定を優先して、嘘に乗っかっている。
しかも、永田町から鼻薬を嗅がされた日本を代表する学者が、
インド側の発表にお墨付きを与えているのだ。
ちなみにその学者先生、武士の情けで実名は伏すが、政府の
有識者会議で顧問を務めるたいそうな御方である。
で、どうやら学者先生の本心は、
(佐々井秀嶺が気に喰わないからインド仏教は無いことに・・・)
にわかに信じがたいことだが、そんなもんなのである。

呆れるねえ。・・・ふ~む。学者と愉快犯は、同類なんだな。

« 行動する仏教 | トップページ | 地獄ドライブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は下町育ちで、相撲とは自然と馴染みが深い。若い頃、相撲部屋を訪問したり力士の皆さんと飲食を共にさせていただいた。あの頃の昭和の「お相撲さん」のイメージからすると、平成の朝青龍は相撲の力士に見えない。何か他の格闘技を見ているよう。すっかり癖になっているようだが、あの「ダメ出し」だけはナメられているようでかなり不愉快だ。まあ外国人だから仕方ないかって?その理屈が通るなら、あからさまに日本人いじめされてる柔道とかスキージャンプとかハンドボールの選手たちも堂々とルール無視したりキレてもいいのか?(するわけないよ、辞めたくないもんね。)
朝青龍は肯定されれば上機嫌で従順、否定されたらキレるか凹んで心療内科行き。あまりにもわかりやすいメンタリティ。8歳の子どもだったら相撲の強さに免じて見守る気にもなるが、もう28歳だもんなあ…。
しかし、そんな悪ガキ朝青龍に依存してきた相撲協会がやっぱり最高に見苦しいな。さんざん朝青龍に満員御礼出してもらってちゃ品格とか国技とか言ったってそりゃあスルーされるわ。なんだか公明と連立組んでる自民みたい。お互いウザいけど切れないパートナー。

…横綱が…というよりも、相撲自体がすでに「国技」ではなくなっているように感じ、私はもう見ておりません。

麻薬やらリンチやら…騒がれましたし。

単なる「格闘技」として楽しむならいいのかもしれませんね。

あくまで私個人の考えなので、流していただいてかまわないのですが…私は相撲を一種の「神事」のようなイメージで見ておりましたから…残念なことです。

>HIROMI様
「ダメ出し」もそうですが、取り組み前の塩へ行くときに毎回やるモンゴル式「鷲の舞」ショート・ヴァージョン、あれも不快ですね。なんか、本心では日本国技よりモンゴル国技!と言ってるみたいで、ワシは嫌いですねー。
朝青龍にせよ泰葉にせよ、先にキレたもん勝ち、先に弱者宣言(ココロのビョーキ)したもん勝ちな世の中は、末期症状的に歪んでますよ。( #` ¬´#)
相撲は、武道であるべきです。協会がそれを捨てるなら、やはり『覆面悪役力士』を登場させて興行に徹すればいい。伝統文化だのなんのと権益確保に汲々とする姿は、まるで日本仏教界を見るようで、情けない。
かつて「巨人・大鵬・卵焼き」と、昭和の子供たちが憧れたお相撲は、もはや神話になってしまったんでしょうかねえ。(´・ω・`)ショボーン

>山犬様
仰る通り、相撲は「五穀豊穣国家安泰」を祈願する神事です。だからこそ、柏手で始まり、また神道で忌避される女性の聖域(土俵)立ち入り禁止があるわけです。
神事たる矜持を捨てるなら、十字を切ったり瞑想したりアッラーに祈ってから始める取組をも認めねばならなくなりますし、塩も要らないし、まず女性力士の参戦を受け入れねばおかしい、という話になる。
神取忍、ダイナマイト関西、アジャコング、尾崎魔弓を土俵でカムバックさせよ!
そして、デビル雅美さまの復活だぁぁぁぁぁッ!ヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー☆

本来は「神事」なのに…とか言うと「古くさい」「頭カタい」と言われそうな時代になってしまいましたな( ̄▽ ̄;)

和尚は相撲よりも、K1とか女子プロレスの方が好きなんじゃ…(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/43728227

この記事へのトラックバック一覧です: 曲学阿世:

« 行動する仏教 | トップページ | 地獄ドライブ »