2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« まんがな! | トップページ | 無功徳 »

愚にして直

『巧言令色鮮仁(愛想のいい奴に誠意はない)』。
むかし、漢文の授業でこの教えを知り、衝撃を受けた。
「孔子ってロックンロールしてるなあ」
以来、愚直や無骨にこそ真あり、を信条としてきた。
剛毅朴訥は義に同じ。まぁ、これも似たようなもんだな。
そんなワシが、世のしがらみから某宗派の会合へ出席
せざるを得なくなった。娑婆(梵語Sahaの音写で、耐え
忍ぶ場所、という意味)とは、そおゆうところだ。
関西で開かれたその会合はタテマエとは裏腹に、結局
主催者側のPRに終始する結果となった。はいはい。

ワシも一席ぶつことになっていた。前夜、たまたま古い
愛読書を手にし、指針の啓示を受けていた。
明治の傑僧、清澤満之に関する本だ。
ある時演壇に立った満之は、彼の前に登壇した学者が
いかにもアリガタ~イお話っぽく、
「阿弥陀如来が修行中の名は法蔵菩薩。皆さんはぜひ
慈悲の心を持って、悲蔵菩薩になって下さい云々」
これを受け、ぬるい調和に浸った会場で、
「慈悲とは真実を知ることだ。智恵を磨いて智蔵菩薩に
おなりなさい!」
そうブチかまし、場の雰囲気をひっくり返した、という。
これだな。ワシは腹黒くほくそえみ、会合に臨んだ。

「釈迦に宗旨無し!龍樹に宗旨無し!」
開祖ブッダに宗派は関係ない、それは大乗仏教の始祖
ナーガールジュナも同じこと、みたいな意味。
ワシがそう断じたら、坊さん連中ドン引き。まるで実際に
(サァーッ)と音が聞こえたような引き具合であった。

愚直。これぞ、一向一揆の竹槍だ。

帰りに大阪難波へ寄った。せや、タコ焼き喰わなあかん。
屋台で注文したら、
「えー、ソース青海苔、フィニッシュのほうはマヨネーズで
よろしかったですかあ?」
と、バイトのお兄ちゃんがのたまう。・・・ぬわあにいぃ?
のほうでよろしかったですかあ、だとお?
ここは原宿かッ?どんなボケやねん、シバくぞダアホッ!

愚直。タコ焼きをつつく関東オヤジの、爪楊枝。

« まんがな! | トップページ | 無功徳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おぉ巧言令色鮮し仁!私もこの言葉大好きです!特に男の巧言令色は最悪ですからね!
そして、愚直!そうです!愚直に生きることは文句なしにかっこいい!真っ直ぐ過ぎて時々壁に激突してしまう愚かさのなんと愛しいことか…。
(だから私はクールポコの「なあーにいっ?!やっちまったなあ!」「男は黙って…!」が大好きなんですよぉ(*^ω^*))
「男は黙って!宗旨無し!!」いや~いいねえ!ドン引きしてるお坊さんたちのヘタレ顔が目に浮かぶようです。
それにしても、たこ焼きうまそっ!じつはたこ焼き得意なんです!

>HIROMI様
帰った直後はもうストレスの大暴走状態でしたが、一夜明けたら、
「てか、あの坊さんたち、存在自体がネタやがな」
と笑い飛ばす余裕が出ました。二度とイヤですけどね。ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ
経緯の概略を言うと、彼らはインド仏教徒と深く関わっているワシを、彼らの目的に利用しようとしたわけです。断るのも大人げないし、今もインド仏教徒が泣いてる現実がありますので、仕方ねえなと。宗派を越えて云々、そんな見え透いたタテマエはこちとら端っから信じちゃいませんから、結果は、ドン引き大会『D-1』グランプリ優勝☆となったわけです。( ´艸`)プププ
しかしタコ焼き・・・ああ、思い出しただけでパブロフの犬のように口の中に唾液が溢れて来ました。辛抱たまらんでホンマ!!(*´Д`*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/44081753

この記事へのトラックバック一覧です: 愚にして直:

« まんがな! | トップページ | 無功徳 »