2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« N.Y.に意見広告を! | トップページ | 『老いの風景』 »

おろしゃ武道

試し斬り居合道の師範が云った。
「ロシアの武道家が僕に“会いたい”とかで道場へ来る
らしいんですよ。一体なんの用なのかなあ」
この一言が、ワシの野次馬スイッチをON!にした。
なんたって露西亜である。日露戦争以来、冷戦構造の
崩壊までわが国と敵対関係にあった旧ソ連、 そのうえ
かつては無神論を「是」とした社会共産主義の盟主。
アホなワシの頭では、武道と一番遠く離れたツンドラの
彼方に思える。
果たしてどんな赤鬼が現れるのか。

当日やって来たのは、意外に小柄なおっさんだった。
ヒグマを素手で瞬殺するような大男を想像してたワシは
正直、拍子抜けした。しかも結構、愛想が良い。
同行してきた通訳の露西亜美人に煩悩はハラショー☆
(お嬢さん。愛の弾丸を込めた銃で
ロシアン・ルーレット
しませんか?いやん、バカん。イワンの馬鹿♪)

コサック・ダンスを舞い踊る怪僧ラスプーチンを無視して
師範の質問が鋭く斬り込む。
「貴方は武道に何を求めているのですか」
「BUDOは私の人生だ」
通訳の日本語力と古武道に対する基礎的知識の浅さが
災いし、当初は両者のあいだに誤解が生じた。 とりわけ
彼女が“business”という単語を不用意にも連発したため、
反発的空気を引き起し、緊張が高まる瞬間もあった。

「僕は武道をビジネスとは考えていません」
師範が語気を強める。
「私の商売は・・・ICPOだ」
誤解を解くため、露西亜のおっさんは身分証を提示した。
(和尚。インターポールって?)
(国際刑事警察機構、だな)
(え?あの、じぇへにがたのとっつぁははぁん、の?)
(やべ。ワシを逮捕しに来たのか)

師範の技を目の当たりにして、露西亜の銭形も、ガラリと
態度を変えた。やはり、通じる者には通じる世界なのだ。

「貴方に会えて良かったです。スパシーバ」
「私も幸せだ。DOMOARIGATO」
日露の武道家は、固い握手を交わし、再会を誓った。

« N.Y.に意見広告を! | トップページ | 『老いの風景』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/44250729

この記事へのトラックバック一覧です: おろしゃ武道:

« N.Y.に意見広告を! | トップページ | 『老いの風景』 »