2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 旅人 | トップページ | 心の青 »

妄想奈落

某大手出版社の編集氏と会った。好人物であった。
そこが発行する青年向け有名週刊誌にはワシも若い頃
ずいぶんお世話になりました。はい、グラビアで。
また、漫画誌は常に売り上げ上位に君臨し、読者からの
人気投票によって連載を打ち切られてしまう戦場として、
数々の才能を世に送り出してきた。
うーん。ついにワシも流行作家の仲間入りかあ。
大御所となれば美人編集者を引き連れて、夜ごと銀座で
飲めや歌えやの酒池肉林らしい。うひゃひゃ♪

「せんせ、あたしドンペリ飲みたぁ~い」
ドカーンと百本持ってきなさい。
「今度、フィレンツェに連れてってぇ~ん」
カブールでもバグダッドでも好きなとこ連れて行ったる。
「エルメス、棚ごと“大人買い”したぁ~い」
国ごと買わんかい!
「あたし将来、女優になりたいのぉ~ん」
ジョーユーでもアーレフでも好きなもんにしたるわい!
Money Changes Everythingじゃあぁぁぁぁぁ!

バブル妄想は瞬時に消え、至って真面目な企画会議。
「現代人と仏教について云々」
あー、そっすね。やっぱ視覚に訴える手法が効果的では
ないかと考えますね。
「と、おっしゃいますと?」
70年代から王道を突き進む貴社看板誌の特性を活かし、
グラビア・アイドルとワシのコラボなんかどうですか?
「(無言)」
ワシの若い頃は今みたく情報が氾濫していなくて、女性の

水着姿だけでも、まぁ、一週間は持ちこたえたもんです。
「(眉間しわ)」
いや、そこでね、なんつーのかな、観音さまのお慈悲をば
ビジュアル的に伝えるには、やっぱアイドルかなと。
「(腕時計を見てる)」
だから、タントラなんっすよね。人間のリビドーを菩提心の
原動力として高めていく、という深遠な教義です。
「いずれまたお電話します。では」
えっ?(バキっ☆と地割れ。孤独の淵に落ちていくワシ)

気が付くと、編集氏の額から、汗がしたたり落ちていた。
怒りをこらえてくれてたらしい。
ワシ、いかんせんリビドーが強過ぎるもんで、ごめんちゃ。

「あの編集氏は古武道をやってるんです」
後日、知人が教えてくれた。そ、それ、先に言ってよ!

« 旅人 | トップページ | 心の青 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅人 | トップページ | 心の青 »