2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 最後の墓参 | トップページ | 龍神 »

佐々井師去る

佐々井師去る
佐々井師去る
佐々井師去る
6月23日火曜、佐々井秀嶺師はインドへ帰って行った。
日本各地に「光と熱」の嵐を起こして。

行脚に用いた菅笠と金剛杖は、日本に残した。
何かを断ち切る思い、を感じた。

見学デッキに上り、最後の最後まで見送った。
佐々井師搭乗機が離陸する際、万感の思いを込めて
ワシは怒鳴った。
「とっとと帰れっ!この野郎おぉぉぉぉっ!!」
・・・そうでもしなけりゃ、泣いていた。

さて、次回からは佐々井ファン必見の超激レア画像を
特別大公開だ☆乞ご期待♪

« 最後の墓参 | トップページ | 龍神 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

電脳和尚様、身辺警護お疲れ様でした。

同じ日本人として老若男女、宗派の違いを
置いといて、インドで孤独に戦ってこられた
佐々井師に触れた人々に感謝です。

一期一会

インド仏教再興を果たした。日本は仏教再生です。
一人の真剣の人間が社会嘲笑、無関心を変えた。

機会を与えてくださった皆様にありがとうございました。

今頃おそらく上人は懐かしいインドの地を踏まれているのでしょうね。しばらくご休息いただければと思います。T師様も大変お疲れ様でした。ありがとうございました。さてさて、次の激レア情報に期待しています! まこと拝

>独立様
ただ今やっと国際電話がつながり、佐々井師の無事到着を確認しました。
「がははは!入国書類の書き方がワカランくて往生したよ!」
お元気そう、どころか元気大爆発☆でした。
これも日本の皆様のお心が通じたお陰です。本当にありがとうございました!

>makoto様
あっというまの二カ月でした。全力疾走する佐々井師に伴走して、周りの景色を見ていなかったように思えます。どれほどたくさんの皆様のご協力を頂いたか、これから落ち着いて、ひとつひとつ心に刻んで参ります。ジャイ!の雄叫びと共に。

電脳和尚様

佐々井師の来日中に講演を拝聴する機会に恵まれました。本で読んでいた以上に私の心に響いたものは大きく、改めて自分が出来ることはなんだろうかと自問しています。
9月の連休を利用して、1週間ほどですが、ナグループを訪問したいと考えています。滞在中に何かお手伝いしたい場合、どちらにコンタクトをとればいいのか、教えていただけませんでしょうか?(ちなみに、数度のインド訪問と英語を話しますので、自力でたどり着くことは可能です)

ジャイ・ビーム!

>Shoko様
期間がそちらで限定されているとなると、佐々井師との面談は確約しかねますが、今年の『アンベードカル改宗記念祭』は9月28日月曜なので、日本が連休のころはそのための準備期間でもあり、おそらく佐々井師はナグプールにとどまっているものと思います。移動、宿泊等についてはShoko様の個人情報にも触れる事柄なので、メールにてお答えいたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。
Jay Bhim!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/45431320

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々井師去る:

« 最後の墓参 | トップページ | 龍神 »