2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

『反骨のブッダ』

  • 高山龍智: 『反骨のブッダ』インドによみがえる本来の仏教(コスモトゥーワン出版)

« 大煩悩道(三) | トップページ | 『男一代2』を見て »

大煩悩道(四)

遂に放映!13日木曜未明 2時38分より3時38分、
  NONFIX
『男一代菩薩道2 ~佐々井秀嶺44年ぶりの帰郷~』
フジテレビ系(関東圏のみ) 超必見☆

さていよいよ今回でオーラス、ぶっちゃけ理趣経トーク。

「色清浄句是菩薩位」
メンクイは煩悩ではない。
そもそも、惚れてしまえばアバタもエクボ。これ真理。
人間なんて勝手なもので、嫌いになったら美形ほど鬼に
見えるもんさ。姿は、視覚より心が作り出すビジョン。
だけどカタチは大事だぜ。カタが決まらなきゃ、形無しだ。

「声清浄句是菩薩位」
サウンドにシビレるのは煩悩ではない。
よく女の子が“電話声”を使うけど、あれって必殺だよな。
声だけじゃなく、言葉も音。魂のサウンド、言霊だ。
言霊は、必ず現象化・実体化する。
ま、伝えられない想いのほうが多いのは、切ないけどね。

「香清浄句是菩薩位」
フェロモンに反応するのは煩悩ではない。
出してる本人が自意識過剰な場合は、イタイし、臭せえ。
嗅覚は脳のもっとも原初的な部分に直結しているそうな。
だから、仏教でもカトリックでもイスラム教でも、礼拝には
お香が必須アイテムなんだな。神仏のフェロモンってか。

「味清浄句是菩薩位」
まいうー。は煩悩ではない。
食事を楽しむ秘訣は、話し相手と、なごやかな雰囲気。
メニューそのものは二次的要素。平和こそ御馳走だ。
民族や宗教が互いに貪り合う現代、美食は世界を滅ぼす。
B級グルメに未来あり。まいうー&ぴーす。

んで、これらを総称して「大欲清浄句是菩薩位」と云う。
ちっちぇー欲は煩悩だが、でっけぇー欲なら菩薩道。
本能(ほんのう)に濁点が付けば煩悩(ぼんのう)になる。
GODはDOG、LIVE(生命)はEVIL(悪魔)と裏表・・・。

ならば大煩悩道を生きようではないか!

« 大煩悩道(三) | トップページ | 『男一代2』を見て »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/45851961

この記事へのトラックバック一覧です: 大煩悩道(四):

« 大煩悩道(三) | トップページ | 『男一代2』を見て »