2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 道 | トップページ | おくる現場 »

世紀の対決

はじめに、特定メーカーの製品を誹謗する目的ではない
ことを明記しておく。
さてワシは約三週間ほどインド中南部ナグプールにある
寺院で生活してきた。佐々井秀嶺師の隣の部屋、という
或る意味ゼータクな毎日を送らせてもらった。
無論、極めて特殊な意味合いにおいて贅沢なのであり、
TV・ラジオはおろか生活電力に不自由する日々だった。
インド最下層民衆と寝食を共にする以上、日本における
文明の恩恵を“忘れ切る”覚悟が要る。

とはいえワシは、佐々井師とは夜空にきらめくお星様と
地べたを這いずり回る蟻ン子ぐらい、違う。
だから、『チキ〇ラーメン』を大量に持参して行った。
本来なら鶏ダシはもちろん卵すら食べてはならない殺生
禁断の僧房。佐々井師は蚊取り線香さえ炊かない。
日本におれば虫も殺さぬココロ優しきワシなれど生来の
“麺喰い”はいかんともしがたい。結局、根性ねえのよ。

ネットで買った専用どんぶり(フタ付き)まで持ち込んだ。
さあ、いざ食すべし。お湯を注ぎ、待つこと三分。
フタを開けて、おや?と驚いた。
「ほおー。最近のは、ブラック・ペッパー入り、なのかあ」
出来あがったラーメンの上にびっしりと黒い点々。
が。それは黒胡椒ではなく、袋に侵入した蟻の群だった。

スーツケーツに無理やり詰め込んだため、麺が袋を突き
破り、何ヶ所か穴が空いていたからだ。
インドの蟻。いつもカレーばっか喰ってるから、ラーメンに
斬新な喜びを感じていらっしゃるご様子だ。
しかし貴重な日本の味、もとより捨てるつもりなどない。

フォークですくった麺に絡んでないかを確認しつつ慎重に
食す。スープに浮いた死骸はスプーンでこまめに撤去。
地道な作業を繰り返し、なんとか完食。死骸を移した器の
中身は、苺ジャム(つぶ入り)のように見えた。

アリとの対決。
そう、かつて『燃える闘魂』アントニオ猪木が挑んだ勝負。
がんじがらめのアリ有利ルールのなか、苦肉の策で生み
出されたスライディング・キックこそ、通称“アリ・キック”。

ワシは思わず「1、2、3、だあーっ!」と叫んでいた。

« 道 | トップページ | おくる現場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

和尚様、インド行脚お疲れさまでした。
無事お戻りになられて何よりです。

私が思うに『チキ〇ラーメン』に穴が開いていた訳ではなく
彼らが開けたんだと思います。

ウチでも南国のアリの攻撃は凄まじく
ラーメンはもちろんの事、パン・袋菓子・麺類
特に「メイドイン・ジャパン」には目がなく
うっかりしているとみんなヤラれてしまいます。
スーパーで売っている時からヤラれてる時もあります(;´д`)トホホ…
なのでウチでは食料品はみんな密閉容器に入れてあります。

おまけにパソコン・机の引き出し・嫁の下着入れ・車・カーテンレール・家電など
ありとあらゆる所に巣を作り、先日はついに保存食用の冷蔵庫の中まで!
全滅していましたけど。

ヤツらは越冬する必要が無いので一年中やりたい放題です┐(´д`)┌ヤレヤレ

>まねき猫様
そうッ☆奴らは日本に生息する御親戚と違い、一年中オンシーズンですからね。
三毛作、いや四毛作?とにかく南アジアは『虫天国』。
僧房の壁に出来たヒビ割れが彼らの世界への入り口らしく、豪雨の前日などはもうパニック状態。・・・必死に隊列をなす彼らを見て、ワシの暴力性が覚醒。
ウナ・コーワで壁に線を引き、非情にも列を分断!(まさか前世は米軍将校か?)
だから、たぶんその復讐だったと思います、黒胡椒攻撃は。

やっぱりそうですか!インドのアリも!
黒胡椒ラーメンも黒胡椒パンも黒胡椒御飯も日本人には食えませんからね。
殺生せずにはいられません。
友人でヤモリを御飯に炊き込んだ人もいます。

そんな環境で殺生しない佐々井師はやっぱり「菩薩様」ですね。

私なんぞ二段構えの殺虫剤と燻製工場のような蚊取り線香で自分がフラフラになってます。
ちなみに「アリの巣コ〇リ」は効きませんでした。
美味しそうに巣に持ち帰ったのに....

余談ですが、和尚様がインドに居る間、私は妻のデング熱の看病でシンガポールに居ました。
妻はもうちょっとで和尚様の同業の方の御世話になるところでした(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

>まねき猫様
デング熱!例の「羽まだら蚊」が媒介するやつですね。
ずっと前まではワシ、インドへ行く時にゃいろんな予防注射をしてました。
今はなーんもしませんけど。(;´▽`A``
しかし日本の法律では、WHO指定の感染症多発地帯を訪れたひとは、一年以上あいだを空けないと、献血できないんですね。
善意から献血所へ行って、門前払いを喰った数少ない人物です、ワシは。

和尚様
コメントのコメントですみませんm(_ _)m

はい、その「羽まだら縞蚊」です。
和尚様も「デング」には気を付けて下さいね。
でも聞くところによると和尚様、体育会系のガッチリ型だそうで、体力ありそうだからきっと大丈夫ですね。
禁欲生活でも各種肝炎の予防接種はしてった方が良いですよ、食品からうつりますから。

日本にいた頃、私も「献血ゴールドカード」持ちでしたが、緊急に呼び出されて直前で断られた事があります。
なんか汚い物を見るような扱いを受けた覚えが・・・
とっても情けなかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/46526930

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀の対決:

« 道 | トップページ | おくる現場 »