2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 音の菩薩道 | トップページ | お詫び »

中央突破!

某大学教授と話した時こんな意見を聞いた。インドに於ける
佐々井秀嶺師の活動の、方法論についてだ。
「僕の知ってるインド人が云うには“ササイのやり方は返って
逆効果、敵対勢力をも巻き込んで段階的にやるべき”、と」
佐々井師が取り組む、ブッダガヤ大菩提寺奪還闘争。
仏教はキリスト教・イスラム教と並ぶ世界三大宗教のひとつ
でありながら、ブッダが悟りを開いた聖地をヒンドゥー教徒に
乗っ取られたままなのである。佐々井師は、決死の断食など
捨て身の手段でその不正を訴えている。

んー、その“段階云々”を唱えたインド人は、どんな?
「お坊さんです、仏教の」
つまり彼は、宗教弾圧するヒンドゥー教の地主と妥協してでも
効率的に成果を積み上げてったほうが良い、と。
「運動ってそういうもんじゃないですかね。目的達成が最優先
なんだから、とにかくまず目の前の一段を確実に、ね」
んー、大人の御意見ですな。
けど佐々井師の最優先価値は宗教的信念です。目的も同じ。
ゆえに方法論もまた然り。常に中央突破、なんですね。

だが教授のように佐々井師の存在に注目してくれるだけでも
大変ありがたいことである。
お釈迦様の国で仏教が復活し、その先頭に立っている人物が
元日本人・・・。こんな世界史的大事実をまともに取り上げない
我が国の大手メディア、そしてお釈迦様のおかげで飯喰ってる
はずの日本仏教界の無関心ぶり、を思えば。

佐々井師の活動に密着して、至近距離からその横顔を撮影し
続けている写真家:山本宗補氏のスライド・トークが開かれる。

JVJA写真展2009
<世界187の顔> ~生命の現場から~

『こころの眼で聞き入るとき ことばの垣根は存在しない』
〇時間 11月8日(日曜) 16:00 ~18:00
〇会場 キッド・アイラック・アート・ホール

    世田谷区松原2-43-11 京王線明大前下車徒歩2分
いまや一億人を越えて増え続けるインド仏教徒の最高指導者
となった日本人僧、佐々井師の活動を余すところなく伝える。

  ◇予約/問い合わせ
  日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
  東京都千代田区神田淡路町1-21 静和ビル2B
  TEL 090-6101-6113 FAX 03-3252-7651
  E-mail
office@jvja.net

« 音の菩薩道 | トップページ | お詫び »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

さて そのインドのお坊様がどのようなお立場でどのような文脈でそう言われたのかがわからないと コメントを書くのも憚られるのですが

自分は動かず 意見を言うだけなら簡単なのですが、実際に行動をされているのかなと。

批評家は時には必要ですが、彼ら自身は何も産み出さないのです。

>通りすがり様
まぁ、インド坊主にもいろんなのがいますからね。差別する側について利権にありつくような輩は、いずこの世界にもいるってことですわ。
確かに批評精神は大事ですね。が、批評家となると舌先三寸の「チャチャ入れ屋」になりがち。いずれ自分が揚げ足取られて転ぶ因果応報が待ってます。
・・・もちろんワシ自身への戒めも込めて。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/46671415

この記事へのトラックバック一覧です: 中央突破!:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/05 08:42) [ケノーベル エージェント]
千代田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 音の菩薩道 | トップページ | お詫び »