2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« はんなり般若 | トップページ | 智恵と慈悲 »

小さき者の叫び

小さき者の叫び
小さき者の叫び
先週末、師走の洛陽にて京都産業大学文化学部主催の
公開シンポジウム、『BRICsの中のマイノリティ』で講演を
させてもらった。手応えは確か。大成功であった。
お声掛け下さった志賀浄邦先生やご尽力頂いた関係者
の皆様に心から御礼申し上げる。
写真(上)は、共産党支配下の中国に於けるマイノリティ
問題について講義して下さった、劉燕子さん。
流暢な日本語を話す劉さんは、表現の自由が厳しく規制
された中国で、その知られざる実態を内から外へ向けて
発信する才媛だ。彼女も翻訳に携わった、
『殺劫-チベットの文化大革命』(集広舎)
は、中国では発禁処分を受けた全世界必読の書。
たおやかな美貌からは想像できないほどに熱く、また強く、
そして何よりチャーミングな女性である。

チャイナドレスをまとった楊貴妃もかくや!の美女に対し、
赤褐色の袈裟を無造作に引っかけた弁慶のごときワシ。
Beauty and Beast のわっかりやすいコントラスト。
この、あまりに明確なビジュアル的ハンデをなんとか克服
することが出来たのは、畏友山本宗補氏が貴重な写真の
数々を快く貸し出してくれたおかげだ。
テーマはもちろん、インド仏教復興運動と佐々井秀嶺師。

トップバッターを勤めたワシは、基調講演のつもりも兼ね、
「Silent Majorityに対し、Noisy Minorityという批判的な云い
方がある。だが多数派は数のちからで無言の圧力を持つ。
少数派は、大声で叫ばなければ誰も聞いてくれない!」
とメッセージした。ううむ、これってPUNKだよなあ。

写真(下)は、参加してくれた京都産業大学の学生さん。
みんなマジかわいい♪
今回は時間の関係で軽い挨拶程度しかお話できなかった。
次の機会にそなえて、オシャレなトークのシミュレーションを
しておこう☆と決意を固めた。
てゆかワシの場合、“天然の脅し顔”だから、まず怖がられ
ないように気をつけなくちゃなあ。
女子大生の皆さん、じつはワシ、日曜朝の戦隊ヒーロー物
を見て感動して泣いちゃうぐらい繊細なんですよ。ほんと。

今回のシンポを第一弾として、ぜひともまた何かやりたい。
小さき者の叫びを、埋もれさせてはいけない。
「でっかい声で言ってやる!がんばれ!」 (by ヒロト)

« はんなり般若 | トップページ | 智恵と慈悲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/47074984

この記事へのトラックバック一覧です: 小さき者の叫び:

« はんなり般若 | トップページ | 智恵と慈悲 »