2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« スラム菩薩 | トップページ | 一途(いちず) »

香る未来

香る未来
香る未来
豊かな国ではアロマ・テラピーなどと優雅な嗜みが流行
しているが、インドでは、お線香作りは下層階級の女性
の手仕事とされている(写真上)。
細く削った竹ひごに、香料を混ぜて練った煤をからめ、
陰干しする。朝から晩まで黙々と、両手を真っ黒にして
働き、わずかな賃金を得る。
「あたしのおッ母さんもお婆さんもヒイ婆さんも、みんな
代々この仕事さ。そういう身分なんだから」
「なぜって?神様がそう決めたんだから」
彼女達がこの先もヒンドゥー教にとどまり、カースト制度
の中に居続ける限り、「神の命によって」自由はない。
下層階級の女性を“汚れた身分”として寺院から遠ざけ
るヒンドゥー僧は、彼女達が作った線香を炊いて、祈る。
・・・神は一体何を見ているのだろうか。

だが、この矛盾は果たしてインドだけのことだろうか。
高価なお香に贅を凝らす日本の仏教寺院は、世襲制と
いう日本式カースト制度によって、「聖職者」たる権益を
確保している。すでにブッダの国で仏教が復活し、その
指導者が、日本人佐々井秀嶺師である事実にまったく
関心を示さない寺関係者がいることを思えば、日本にも
ヒンドゥー教の迷信あり、と皮肉のひとつも言いたくなる
ではないか。

写真下は、祖父母や親と共に仏教へ改宗した少女達。
アンベードカル博士は被差別階級の中でも更なる差別を
受けていた女性達に、人間としての未来を開いた。
教養を身につければ闘える。
「あたし、お医者さんか学校の先生になりたい」
「あたしはヘア・デザイナーね。イギリスへ留学して資格を
取って、ボリウッドの映画女優の専属になるの」
「うっそー!本当はこのコ、あの俳優の・・・」
「きゃっ☆ちょっとお、やめてよお」
少女達のこの“少女らしい夢”も、仏教改宗による人間の
解放あったればこそ、である。

闘う仏教とは、人生を闘う力となる仏教のことだ。

« スラム菩薩 | トップページ | 一途(いちず) »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

和尚様

無事のお戻りなによりです。

私も、日々インド産のお香を愛用しておりますが
下層階級の女性の手仕事だとは知りませんでした。
インド女性の普通の内職かと。

私の手元に届くとき、1本あたりの単価は日本円で約1円です。
製造者が卸すときは、相当安価だと想像出来ます。

現代日本の香道、茶道など仏教と共に発達したものは
和尚様の仰るとおり今でもとても庶民の手の届くものではありません。

神は、お供えも生贄も要らないと、ただ人々の真の祈りだけが大事だと。

まさに、佐々井師が実践している事だと思います。

彼女たちの未来が芳しく香る事を願って已みません。合掌

おかえりなさい!
わが国の首相は、施政方針演説でガンジーの「七つの社会悪」を引用し、声をひっくり返して「いのち、いのち」、と絶叫していました。なんだかカルトの教祖じみていて不気味でした。
きっとこのお坊ちゃま首相はアンべードカル博士のことはまったく知らないんだろうな。
只今受験シーズンですが、受験生からしたら、垂涎の的になる綺羅星のような学歴の面々が揃った現政権ですが、揃いも揃ってアレレという感じ。
子供にも言ってやりました。「こういう無駄な学歴はいらん!ちゃんと勉強しろ」。

>まねき猫様
なんとか無事に戻りました。(;´▽`A``
輸出用のインド産線香に関しては、工場で機械生産されたのものが多いと思いますので、一概には云えませんね。ただ、国内使用の廉価版は、下層階級女性の手仕事によって生産されています。また、バックパッカーに人気の葉っぱを巻いただけの安い煙草:ビディを作るのも、彼女達の仕事になっています。
神に捧げる線香といい、口にくわえる(ヒンドゥー教ではもっとも宗教的穢れが移りやすいとされる行為。だからインド人は自分の指で食事する)煙草といい、それを作る仕事を被差別階級に押し付けているのは、大矛盾ですよね。

>HIROMI様
ただいま!です。
まぁ、鳩ポッポにしてみりゃ日本国総理大臣という立場上、インド政府のオフィシャル・ヒーロー=ガンディーは取り上げても、そのガンディーと対立したアンベードカル博士を引き合いに出すわけにはいかなかったんでしょうね。なんて、本当に知らなかった可能性の方が高いけど。┐(´д`)┌ヤレヤレ
ガンディー主義を礼賛するということは、実際の暴力行使以外の、言葉の暴力を含むありとあらゆる手段を用いるということ。また、巧みにメディアを使って世論を誘導する政治手法、といった意味にもなる・・・うっ、「国家戦略局」ってそのこと?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/47511345

この記事へのトラックバック一覧です: 香る未来:

« スラム菩薩 | トップページ | 一途(いちず) »