2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 再演決定! | トップページ | 善き光 »

V字回復?

かつて『巨人の星』の主人公星飛雄馬が編み出した魔球
大リーグボール2号、通称「消える魔球」。
その消えるメカニズム(?)は打者の目前でボールが急に
ドロップすると同時に球の回転が巻き込んでいたマウンド
の土が解き放たれ煙となり球筋をカモフラージュしながら
地面すれすれでホップをしつつグラウンドから土煙を巻き
上げてキャッチャー・ミットへ納まる・・・というもの。
いやあ、さっぱりわからん。
つまりボールがV字に変化するわけだ。落ちて、上がる。

昨今のわが国の政治状況に押し当てて見ると、なるほど、
と思えなくもない。
落ちる球筋が、実はカモフラージュの役目を果たしており、
忽然と浮かび上がったボールは消える前より斬新で期待
が持てるかのような鮮やかさを放つ。
しかし、ボール自体はおんなじ球なのである。
そもそもV字回復など本当にありえることなのだろうか。
単なる反発作用を回復と呼んで良いなら、いわゆる民意
というものは“野党根性”と変わらないように思える。

かといって現最大野党の党首はキャラが薄過ぎる。
あの官僚然としたアクも臭みもない人物では、消える魔球
どころか「消えた前与党」でしかない。
星飛雄馬のライバルの一人で米メジャー・リーグから中日
ドラゴンズへ移籍したオズマが、
「消える魔球は、ただワン・バウンドしているだけだ!」
と、日本の打者や主審をナメ切った推理をしたが、まさしく
前与党はワンバン(地に落ちた)である。

だからV字回復が冷静かつ客観的に見てどんなに不自然
であろうと、そうなるしか民意の納まりどころがない、という
ことなのだと思う。
Y字開脚のように華麗なアクロバットは一時的な見栄えは
良いが、沖縄基地移転問題のウソ公約の如く、地に足が
着かない。

オズマは中日へ移籍後、ベトナム戦争に徴兵される。
戦地で傷を負い、帰還したのち背中に爆弾の破片が食い
込んだ状態のまま、星に最後の勝負を挑む。
そして、アメリカに帰って死ぬ。
ちなみに星は貧乏長屋で育ち、オズマは黒人であった。

« 再演決定! | トップページ | 善き光 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「大リーグボール2号は風に弱い」
「大リーグボール2号は雨に弱い」
大リーグボール2号に対する花形や左門の推理です

一番偉い人の首を挿げ替えて問題を隠したつもりでしょうが
ちょっと雨風にさらされるとまた同じ問題がホームベース上に現れるのではないかと予測しております

>ひろ様
ウマイっ☆さすがですね♪最初に2号の正体を「魔送球の縦の変化」と見破ったのは花形でしたが、最終的にネタを暴いたのは中日打撃コーチに就任した父:星一徹でしたね。「星投手の右足が高く上がると、青い虫が飛んで青葉に止まる」。なんかすごく理論的に見えますが、トンデモ系の疑似科学。 m9(^Д^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/48651817

この記事へのトラックバック一覧です: V字回復?:

« 再演決定! | トップページ | 善き光 »