2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 『Samgha Japan』 | トップページ | 遠吠え »

ついに来週☆

いよいよ来週
いよいよ間近に迫った《文楽×シタール×声明》公演の
打合せを兼ね、西荻窪のライヴ・ハウス『音や金時』へ
シタール×タブラの月例コンサートを聞きに行った。
写真右側がシタール奏者伊藤公朗氏、左がタブラ奏者
吉見征樹氏。
両氏のバトルは毎回白熱する。静かに情念の炎を吹き
上げる公朗氏のシタールが音空間に横の広がりを生み、
魂を真正面から打撃する吉見氏のタブラが縦の鼓動を
刻み込む。それはまた、時にBLUESであり、時にPUNK
であり、インド古典音楽の伝統と基本に根差しながらも、
さらにその枠組みから自由自在に飛翔していく。

合間のMCは吉見氏の担当。笑いを取りにいく関西ノリ。
公朗氏は、いつもであればチューニングするふりをして
聞いてない(笑)のだが今回は7月10日の公演が控えて
いることもあり、珍しく告知してくれた。
「相模原の藤野はちょっと遠いですがお越しください」
藤野は様々な分野のアーティストが集う場所で、いわば
一種のパワー・スポットのような町らしい。
しかし、恥ずかしながら今回の再演が決まるまでワシは
そのことを全然知らなかった。基本的に、自分がいる所
がパワー・スポット!という小学五年生の人格だから。

◎7月10日(土) 《文楽人形・声明・シタール・ギター》
players: 伊藤公朗:シタール 
吉田勘緑:文楽人形  
高山龍智:声明  
伊藤快:ギター
at:カフェレストランShu
神奈川県相模原市藤野町日連981 Tel:042-687-2333
open: 17:00
start:: 17:30
charge: ¥3500 お食事:¥1500
ご予約・お問い合わせ:Tel:042-687-2333
メール:
cafeshu@live.jp
http://www17.plala.or.jp/shu/home/index2.html

« 『Samgha Japan』 | トップページ | 遠吠え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日シタールの演奏を聴きにいきます
ディープな立ち飲み屋でのステージですけど・・・
何が起こるか楽しみです

>ひろ様
奏者は何という方でしょうか?楽しみですね☆インド古典音楽に限らず、音楽は、「生+アナログ」にこそ醍醐味があると思います。

田中峰彦さんという奏者です
その模様は明日ブログでアップしますのでよろしければご覧くださいませ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/48765781

この記事へのトラックバック一覧です: ついに来週☆:

» 文楽人形+声明+シタール<ベンガルの苦行者>再演!! [ガイアのうた]
  昨年6月、甲府桜座の土間舞台で公演した <文楽人形+声明+シタール>のライブが今週土曜日、10日に再演される。 ずいぶんと 好評を得たライブで、初めて共演した吉田勘緑さんも、とても気に入ってくれた。 そして・・勘緑さんのお住まいのある神奈川県相模原市藤野町 のギャラリーで再演することになった!演目は、インドの大詩人「ラビンドラナート・タゴール」の書いた絵本:<ベンガルの苦行者> 天上界の力を求めて修行する若き「苦行者」と、彼の修行を母のごとくそっと包み込む「焚き木ひろいの娘」の物語。 修行成... [続きを読む]

« 『Samgha Japan』 | トップページ | 遠吠え »