2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 地上波で『2』! | トップページ | 不器用道楽 »

観音のひと

観音のひと
去る25日、千葉県勝浦にある『仏国土をつくろう会』の
本部において先代会長河野芳郎先生の一周忌法要、
並びに、その御遺徳を顕彰する供養塔の開眼法要が
厳かに営まれた。
故河野先生は長年に渡ってインドの佐々井秀嶺師を
支援して下さり、ナグプール郊外のマンセルに孤児院
と病院を兼ねた施設を寄進するなど、多大なる功績を
残された在家の仏法者である。
「ついこの前、佐々井上人からお手紙が届きまして」
と現会長。 遠く離れたインドからでも恩人の命日には
思いを寄せる。いかにも佐々井師らしい。
「去年こちらへお越し下さって先代とお会いになられた
ことを“奇跡の再会”と書いておられました」


佐々井師一時帰国を前に、先代会長は病に倒れた。
その後、リハビリに励まれた河野先生は、佐々井師と
再会した折りには、なんとかお一人で歩けるまでには
回復された。だが、再び倒れられ、その報せを聞いた
佐々井師は、多忙の合間を縫って病院へと駆けつけ、
恩人を見舞った。すでに意識が戻ることはなかったが、
佐々井師は河野先生の頭を撫でながら、一心不乱に
観音菩薩の加護を念じていた。
そして、インドへ帰った約一ヶ月後、河野芳郎先生は、
<仏国土のひと>となった。


「先代と佐々井上人の間柄は“男心が男に惚れて”と
いうような理屈抜きの関係でしたなあ」
現会長の言葉。まさにすべてを言い表している。


河野先生が佐々井師と連れ立って歩く最後のお姿は、
『男一代菩薩道2~佐々井秀嶺44年ぶりの帰郷~』
の中でも紹介されている。
今週7月29日木曜 03:00~04:00
(7月28日水曜27:00~28:00)

地上波初の再放送だ。

http://www.fujitv.co.jp/nonfix/library/2009/586.html

« 地上波で『2』! | トップページ | 不器用道楽 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/48979407

この記事へのトラックバック一覧です: 観音のひと:

« 地上波で『2』! | トップページ | 不器用道楽 »