2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 大悲大願 | トップページ | 新生 »

常於大衆中

常於大衆中
常於大衆中
佐々井秀嶺師は常に大衆の中にいる。ヒンドゥー教では殺生を嫌い菜食主義を美徳としながら、カースト制度によって「不可触民」とされた人々を虫けら以下に扱う。野犬にさえ慈悲をかけるヒンドゥー教徒が、同じ人間をその生まれた血筋だけを理由に、石もて追い払い、時には命すら奪うのである。佐々井師はこの被差別大衆の中にあって四十有余年、常に彼らと泣き笑いを共にし、同じ水を飲み同じ物を食べ、彼らに生きる力を与え続けてきた。その人生哲学はただひとつ、「理屈や能書きはいらん。ひたすら実践あるのみ!大衆の声こそ経典だ!」

« 大悲大願 | トップページ | 新生 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/49287927

この記事へのトラックバック一覧です: 常於大衆中:

« 大悲大願 | トップページ | 新生 »