2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

『反骨のブッダ』

  • 高山龍智: 『反骨のブッダ』インドによみがえる本来の仏教(コスモトゥーワン出版)

« 735 | トップページ | 『必生』こぼれ話① »

『必生』本日発売!

『必生』本日発売!
佐々井秀嶺師の半自伝的講話集『必生 闘う仏教』、
集英社新書より定価735円にて本日発売☆

(写真は昨年6月京都龍谷大学講演会にて編者撮影)
熱く、剛直で、しかも愛に満ちた希代の傑僧の言葉は、
人間の最も奥深いところから発せられ、それゆえ最も
奥深いところへ届く。

「虚無を突き抜ければ、その先にきっとなにかが見えて
くるはずだ」
「千年一日のごとく個人の心にばかり重点を置き、ほか
の人の苦しみには無関心で、迫害にあえぐ人々をむざ
むざ死なせてしまうような仏教であったなら、人間にとっ
てマイナスだと私は考えます」
「必死は、当たり前のことなのです。わざわざ宣言しなく
ても、人間はいつか必ず死ぬ」
(本文より抜粋)


あえて巻中には献辞を載せなかったが、本書を泉下の
山際素男先生に捧げる。
先生の御功績なくして本書はありえなかった。
今から十八年前、編者が初めてインドを訪れ、帰国後
に手にした山際先生の御著書から、すべてが始まった。

ジャイ・ビーム!

« 735 | トップページ | 『必生』こぼれ話① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

すばらしい本を上梓していただき、本当に感激です。本を読んでこんなに泣いたのは初めてです。

佐々井上人様関連の本を読み漁り、八木上人様のことを知り、八木上人様のことも知りたいといろいろ捜しましたが、唯一書いてるらしい「蓮華の国ぐに」という本は未だ入手できず。
でも、この度の「必生」で八木上人様のこと、佐々井上人様との師弟関係をうかがい知ることができ、感激と自分の生き方のふがいなさと。上手く表現できませんが、お二人の関係性を通して、私の心の奥深いところまで仏様の教えが入ってきたような感じがしました。師弟は七世といいますが、自分を突き詰めないと七世一緒の師匠とは出逢えないのでしょうね。

昨年は思いがけず、私も佐々井上人様のご講話を聞く機会をいただき、半ばおっかけ状態でしたが、こうして改めて帰国時のご講話を読ませていただいて、お上人様を前にしている時には全然話を聞いてなかったなと思いました。目の前で佐々井上人がしゃべってるー!!というだけで有難いというか、信じられない気持ちでお顔を見て、声を聞いていただけで。

上の写真の龍谷大学の時は両親と参加させていただきました。早く両親にもこの本を読んでもらおうと思います。父は理趣経が難しくてよめないと言っていましたが、この本を読んだらすぐよめるだろうなーと思います。

なんだか取り留めない話を長々書いてすみませんでした。この本があまりにもすごくて。
始めは字も大きいし、すぐ読めるやろなくらいにしか思ってませんでした。「破天」と比較するのもおかしいんですが。失礼ながらこんなにすばらしい内容とは思ってもみませんでした。こんなに早く、こんなにすごい本を出版していただいて、本当にありがとうございました。

>yunkito様
こちらこそありがとうございます。刊行に漕ぎ着くまでの艱難が報われました。
今後とも何とぞ宜しくお願い申し上げます。合掌九拝。
編者:高山龍智

佐々井氏の東京講演の時、所要で東京に居なかったのです。
最後のチャンスとばかり京都まで出向きました。

もう1年あまりになるんですねえ。
あまり龍谷大学での講演って話題にならなかったのでもしかしたら あれは幻だったの?と思ってたりもしたのですがこんなに鮮明な写真が拝見できてうれしいです。

>名無し様
佐々井秀嶺著『必生 闘う仏教』集英社新書より定価735円にて好評発売中です。
本書の印税は直接、インドの佐々井師へ布施として送金されますので、何卒お買い求めの上、御高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
さて、龍大講演の内容をまとめたものを発表する予定があるようですが、未だ実現してはおりません。

もちろん 本はとっくに買ってありますとも!
じっくり読ませていただいている最中でございます

>上の名無し様
ありがとうございます。よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/49747819

この記事へのトラックバック一覧です: 『必生』本日発売!:

« 735 | トップページ | 『必生』こぼれ話① »