2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 佐々井師より | トップページ | 南天の祈り(2) »

南天の祈り(1)

南天の祈り(<br />
 1)
南天の祈り(<br />
 1)
南天の祈り(<br />
 1)
去る4月11日、インド仏教復興の中心地ナグプールは
インドーラ寺にて、佐々井秀嶺師のおはからいにより
東日本大震災物故者諸霊位の初月命日法要が勤め
られた。その模様を、三回に分けてご報告する。
11日朝、ナグプール空港へ迎えに来て下さった師に、
「今日は震災で亡くなった方々の初命日なんですよ」
そう申し上げると、老僧の慈眼が光り、
「うむ。よしっ、みんなに声をかけて法要をやるぞ!」
即決だった。一緒に迎えに来てくれた仏教会理事へ
指示を発し、理事は携帯で各方面へ連絡開始。
佐々井師が動くと、呑気なインド人が見違えるように
機敏になる。40年以上掛けて築き上げて来た信頼と
信仰の証であろう。
拙は今回、『東日本大震災物故者諸霊位』と記した
白木位牌を日本から持参した。
非力な自分が亡くなられた方々にして差し上げられる
ことは、大乗仏教発祥之地へ皆さまをお連れすること
しかないように思えたからだ。
そして、インド仏教徒一億五千万人の指導者:佐々井
秀嶺師にぜひともお引き合わせしたい、と。
あるいはこれを、
〝無意味だ。そんな暇があったら被災地へ行け〟
と批判なされる向きもあろうかと思う。それについては
あえて甘受する。

さて夕刻、インドーラ寺に仏教徒が参集し始めた・・・。

« 佐々井師より | トップページ | 南天の祈り(2) »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/51459896

この記事へのトラックバック一覧です: 南天の祈り(1):

« 佐々井師より | トップページ | 南天の祈り(2) »