2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

『反骨のブッダ』

  • 高山龍智: 『反骨のブッダ』インドによみがえる本来の仏教(コスモトゥーワン出版)

« 生誕祭(4) | トップページ | 慰霊碑 »

生誕祭(5)

生誕祭(5)
生誕祭(5)
生誕祭(5)
4月14日朝、勤行を終えて佐々井師の部屋へ挨拶に
行くと、突然命じられた。
「今日はあんたが御本尊とアンベードカル像に花輪を
懸けなさい。みんなにはもう言ってあるから」
動転した。仏教復興運動の大先達にして差別解放の
父であるアンベードカル博士の誕生日に、そのような
大役をいきなり仰せつかったのだ。
「ここの人たちにとってはおめでたい生誕記念祭だが、
日本人にとっては、震災で亡くなった方々の三十五日。
心で念じながら、おやんなさい」
緊張と汗と感動の涙が一緒くたになって溢れた。

午前、ディクシャ・ブーミ(改宗記念広場)。
昨夜の熱狂とは打って変わって、聖なる日をことほぐ
穏やかな空気が会場に満ちている。とはいえ酷暑。
ドーム型のストゥーパ(仏塔)をかたどった記念堂にて
生誕記念法要が開始された。
佐々井師が大導師を勤める。 昨夜一睡もしなかった
とは思えない大きな声。満身創痍の老躯の、どこから
このような力が出てくるのか。

午後、新しく建立された寺院の落慶式へ。
「あんた、お腹すいてないか?」
そう気遣ってくださる佐々井師御自身が、朝から水か
チャーイだけで、何も食べておられない。
アンベードカル像の除幕式では不安定な足場をもの
ともせずによじ登り、民衆に向かって笑顔で拳を振り
上げ、大いに士気を鼓舞する。
「ジャイ・ビーム!」

ある老婆が拙の袈裟の端をつかんだ。どうしたの?
「これをさ、日本の人にあげとくれよ」
枯れ枝のように痩せた手が差し出したのは50ルピー
紙幣。約100円(2011年5月現在)だ。
それでも、最下層に暮らす貧しいお婆さんの生活費
からすれば大変な出費である。
「地震でひどい目に遭ったって聞いたからさ」
受け取るべきかどうか迷った。
義援金がなかなか被災者のもとへ届けられていない
ことを思えば、気持ちはありがたいのだが、かえって
不義理になるように思えた。

・・・ありがとう。代わりに募金しとくね。
合掌して礼を言うと、お婆さんは、さらに深くこうべを
下げて合掌してくれた。

« 生誕祭(4) | トップページ | 慰霊碑 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/51757548

この記事へのトラックバック一覧です: 生誕祭(5):

« 生誕祭(4) | トップページ | 慰霊碑 »