2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 比類なき音 | トップページ | 慰霊行脚(1) »

五部浄

五部浄
写真は京都三十三間堂蔵の五部浄像。
仏法を守護する天龍八部衆の一尊:五部浄居天は物質
世界最高位とされる色究竟天(しきくきょうてん)に住む。
厳密には浄居天(じょうごてん)と呼ばれる五人の聖者の
総称であって、固有神格の名ではない。
また、天龍八部衆は仏教以前の古代インドで信仰されて
いた神や龍や精霊が仏教に取り込まれたもので、今日の
感覚で見れば、ヒンドゥー教的色彩が強い。
興福寺の五部浄像は、象頭の冠をかぶった童子の顔に
作られている。それについて拙は、阿修羅をはじめとする
八部衆を、純真な少年の姿で表現した仏師達に、反骨の
気概を感じる。権力が金にモノをいわせ建立した大寺院
を守護する、元〝異教の神〟・・・。
仏教発祥の国インドでは20世紀までヒンドゥー教が歴史
の勝者であったが、日本仏教は朝廷庇護の下、あるいは
幕府管理の下、支配権力の道具になっていたからだ。

さて、カタイ話はこのへんまで。
三十三間堂の五部浄は千手観音の眷属:二十八部衆の
メンバーであり、武神の姿をしている。
五人の聖者が最強チームを組んだのだから、五部浄こそ
戦隊ヒーローの元祖、といえるのではないか。
そうなれば、武神像は合体ロボ。三十三間堂の像なんか、
ビーム・サーベル二刀流だ。後頭部の光背は着脱可能で
敵を薙ぎ払いながら自動的に戻ってくる円盤、きっと背中
からはウイングだって出てくるはずだ。

う~ん、しかし「物質世界の最高位」が戦闘ロボってのは、
シャレになんない気がするなあ。

« 比類なき音 | トップページ | 慰霊行脚(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/51985464

この記事へのトラックバック一覧です: 五部浄:

« 比類なき音 | トップページ | 慰霊行脚(1) »