2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 白い糸 | トップページ | 南天の白蓮(1) »

龍宮に・・・

20110508_1967704
Dcim0194
今を去る二カ月前の6月11日、東京日本橋にて行なった
バンドウジロウ氏とのライヴ映像です。


http://youtu.be/bKi-2WCZ31k

はからずも東日本大震災物故者諸霊位三ヶ月めの命日
ということで、音楽法要の念いも込めました。
このファイルの楽曲は『WASAN(正像末和讃)』。親鸞が
書いた仏教詩です。内容は、末法思想に基づき、人間の
弱さや醜さ、あるいは儚さを訴えています。
また驚くべきことに、これら和讃の冒頭二首で親鸞は、
「仏教は龍宮に・・・」
と記しており、まるでナグプール(龍宮)の佐々井秀嶺師
を予言したかのようにも書かれています。
ライヴでは真宗大谷派の同朋奉讃式を基に、オクターヴ
唱法を用い、バンドウ氏のギターに支えられて、イスラム
音楽風のリズムと融合させました。
宗教対立が世界を滅ぼしかねない時代へのメッセージと
理解していただければ幸いです。
ご参考までに、冒頭二首の原文を以下に紹介します。

***********************************************

  末法五濁の有情の 行証かなわぬ時なれば
     釈迦の遺法ことごとく 龍宮に入りたまいにき

  正像末の三時には 弥陀の本願ひろまれり
    像季末法のこの世には 諸善 龍宮に入りたもう

***********************************************

この他に、真宗声明『伽陀(かだ)』とギターのバトル曲
http://youtu.be/rSOds_dOPmM

パーリ語『三帰依五戒文』のプログレ化
http://youtu.be/wsvjV_YaVoI

オリジナルのブルース・ロック『Cry for the light』
http://youtu.be/ds5rcJ8Wlwk

思えば、拙はこのライヴ終了後、慰霊行脚のために緊急
帰国した佐々井秀嶺師のお供で岩手、宮城、福島各県の
被災地へ伺いました。
奇しき縁(えにし)を感じずにはいられません。合掌。

そして、拙は来週から十日間、佐々井師のいる南天龍宮
ナグプールへ参ります。

« 白い糸 | トップページ | 南天の白蓮(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/52513629

この記事へのトラックバック一覧です: 龍宮に・・・:

« 白い糸 | トップページ | 南天の白蓮(1) »