2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 『白い道』 | トップページ | 敵は誰そ »

いのち宿りて

いのち宿りて
いのち宿りて
先週、関東某所に暮らすインド仏教徒の家庭にて
『妊娠七ヶ月目の祈り』、日本でいうところの安産
祈願を勤めた。
実は依頼を受けてから彼らの家に着くまで、その
日の法要がなんなのか、よく分かっていなかった。
(連中のことだからいつもの寄り合いだろ)
ぐらいに思いながら部屋に入ると見事な飾り付け
の祭壇が…。そこはまるで印度☆
大きなお腹を絢爛たるサリーで包んだ妊婦さんは
顔馴染みの奥さん。インド式に跪いて挨拶しようと
したので、いいってば、と止める。大事なお腹だ。
さて、旦那さんの話を聞くうち、
(こりゃ困ったぞ)
なにしろ安産祈願など今までやったことがない。
というのも拙が籍をおく日本の宗派は加持祈祷の
類を否定する絶対他力の立場だからだ。
しかし、念願の一子を授かった夫婦を前に無事な
出産を祈ることは、人として当たり前。
ましてや彼らは、遠いインドから佐々井秀嶺師の
指導を受けてはるばるやって来た仏教徒である。
祖国のヒンドゥー教社会ではその血筋だけを理由
に人間扱いされなかった人々。そんな彼らを前に、
宗派の都合など果たしてどれほどの意義があると
いうのか。同じ人間として、祈ればいい。

それに彼らは、日本を愛し、大震災と原発事故後
も日本にとどまる決意をしてくれた人たちだ。
「気合い入れていくぞ」
独り言を洩らしたら、少し日本語の分かる夫婦は
「キアイ!キアイ!」
と喜んでくれた。この言葉は、インドで佐々井師が
常々そのまま口にしている日本語でもあった。
支度してるあいだに次々と仏教徒が現れ、部屋は
寿司詰め満員御礼。ま、寒いからちょうどいいか。

ロウソクを灯し、線香を焚いてパーリ語読経。
妊婦さんのお腹にいる赤ちゃんにブッダの祝福が
届くよう念じた。終了後、旦那さんいわく、
「バンテー・ジー(和尚さん)のお経、今日はやけに
ソフトでしたよねえ。いつもはロックンロールみたい
なのに」
・・・え?どおゆうキャラで理解されてたんだ?

« 『白い道』 | トップページ | 敵は誰そ »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/53876836

この記事へのトラックバック一覧です: いのち宿りて:

« 『白い道』 | トップページ | 敵は誰そ »