2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« インドから東北へ(3) | トップページ | 被災地の今 »

インドから東北へ(4)

インドから東北へ(4)
インドから東北へ(4)
仏誕祭の結願から一日おいた、8日朝の地元有力紙は、
『東日本大震災犠牲者追弔法要』の模様を報じた。
事前にメディア向け告知等あえてしなかったせいもあり、
また、外国で起きた災害ということもあってか、記事の扱
いは決して大きくなかったが、仏教徒の多い土地柄ゆえ
佐々井秀嶺師の動向は常に注目される。
Nagpur_prakash_rashtraprakash_8_m_3
老眼鏡越しに紙面を眺めながら佐々井師が言った。
「州のお偉方が来ると、必ず慰霊碑に連れて行って参拝
させるんだよ。ヒンドゥー教だろうとイスラム教だろうとね。
インドでは、信仰心の深さが人望の厚さにつながるから、
彼らも真剣に拝んでるよ。民衆はそういうとこをちゃんと
見てるからねえ」
インド中央政府で少数者委員会(minority commission)の
仏教徒代表を勤めた佐々井師ならではの影響力だろう。
しかし当のご本人は、
「政治向きのことは正直よくわからん」
と、あくまで無位無冠の僧としての信条を貫いている。

「大震災で亡くなられた方々は、浄土へ往生されたんだと
私は信じてる。日本の仏教説話では、浄土は龍宮にあり、
ともいわれている。ナグプール(南天龍宮)でお祀りさせて
いただくことが、私のつとめだと思っている」
この、佐々井師を動かす根源的動機は、古き良き日本の
精神文化、いわゆる“人情”に他ならない。
「若い頃は浪曲師もやってたから、浪花節なんだよ私は」

2012年5月6日、ブッダ・ジャヤンティーの夜。
二ヶ月遅れの一周忌ではあったが、仏教の故国インドで
日本の大震災犠牲者に祈りが捧げられた。
法要終了後、まだ得度したてのインド少年僧が、青々と
剃りあげた頭を下げて、拙に言った。
「Dhannyawaad(ありがとうございました)」
お礼を言わなければならないのは、こちらのほうだった。

トウホク・キー・ジャイ! (東北に勝利あれ)

【写真上】東日本大震災追弔法要とインド仏教徒。
【下】仏誕祭の朝、糞掃衣を供養された佐々井師。
【文中】追弔法要を報じた地元新聞。

« インドから東北へ(3) | トップページ | 被災地の今 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/54767208

この記事へのトラックバック一覧です: インドから東北へ(4):

« インドから東北へ(3) | トップページ | 被災地の今 »