2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 祈憶(きおく) | トップページ | 佛陀伽耶 »

時代の法輪

転法輪祭
転法輪祭
転法輪祭
去る10月13日、関東某所にて在日インド仏教徒
主催による毎年恒例のイヴェント、
『57th Dhamma Chakra Pravartan (転法輪祭)』
が開催された。1956年10月14日、独立インドの
初代法相ビームラーオ・アンベードカル博士が、
数十万の民衆と共にヒンドゥー教の呪縛を捨て
仏教に改宗した「人間解放」を記念する式典。
だが今年は、仏教の根本聖地:ブッダガヤーが
爆弾テロの標的となった事実を受け、例年より
“原点回帰”の色を濃くした内容となった。
まず最初にパーリ勤行、婦人会メンバーの聖歌
奉唱はいつも通りであったが、続く基礎仏教学
講座では最もベーシックな「四聖諦」「八正道」
について、改めて現実に即した視点から再確認
された(すべて仏教徒による自主企画と構成)。
終盤、拙の法話もその流れに従った。
(以下は抜粋抄出。原語はヒンディーと英語)

今年は私達にとって、世界中の仏教徒にとって、
いや、良心あるあらゆる人々にとって、悲しく、
そして恐ろしい事件が起きた。
Budhgaya Maha-Bodhi Vihar Plastic Blast。
7月7日の早朝、僧侶二名を含む五人が負傷した。
誰がやった?イスラム過激派?ヒンドゥー至上
主義者?マオイスト武装革命集団?
誰がやったにせよ私達が取るべき姿勢はたった
一つだ。なんだと思う?
<会場の声…「マイトリー・カルナー(慈悲)」>
そうだ。正解。 <笑い>
ミャンマーには「ビルマのビンラーディン」と
渾名された仏教僧がいて少数派イスラム教徒を
苦しめているという。彼は、不正解。
宗教紛争では必ず双方が互いを「悪魔め!」と
罵り合う。悪魔と悪魔の争いだ。神仏がいない。
では悪魔とはなんだ?エゴのことだろう。
ゴータマがブッダとなる直前、それを邪魔した
悪魔はパーピヤス。そいつは言った。
「悟るなんてやめてしまえ。自分のことだけを
考えれていればいいのだよゴータマ」
これは、王子ゴータマのエゴだったと私は思う。
そしてエゴを滅ぼし、ブッダとなった。
<「アナートマ(無我)」>
そう。その場所が、ブッダガヤーだったんだ。
パキスタンの少女マララ・ユースフザイさんは
こう言った。「一人の教師、一冊の本、一本の
ペンで世界は変えられるのです」と。
これはまた、良心を教師とせよ、という意味で
もあったと思う。
ブッダガヤーの爆弾テロを企てた者、実行した
者は、エゴの悪魔を教師にしてしまった。
だから私達仏教徒にとっては、ブッダの21世紀
の転法輪だったんだよ。

Namo Buddha.  Jay Bhim.

【写真上】転法輪記念祭会場プロジェクターに
映し出された式典テーマ。
【中】仏教徒の少女。ちっちゃなお姫様。
【下】インド仏教徒婦人会による聖歌奉唱。

『アンベードカル国際教育協会日本支部HP』
http://www.baiae.org/

« 祈憶(きおく) | トップページ | 佛陀伽耶 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/58391298

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の法輪:

« 祈憶(きおく) | トップページ | 佛陀伽耶 »