2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 光明東漸 | トップページ | 「闘う」仏教徒 »

四つの陥穽

四つの陥穽
11月13日、パリ同時多発テロ。
先進国の大都市を襲った惨禍は『9.11』の悪夢を呼び戻し、世界は更なる暴力と緊張のとばりに包まれた。ISILによる犯行声明は、テロ被害者及び「不信仰者」たる全ての異教徒、そして平和を愛するイスラーム教徒を踏みつけた。
「宗教とテロリズムは関係ない」
これもまた一面の真実だが、非信仰者や異教徒に対する心理的暴力…無理解、「寛容」という名の同化圧力…も含めれば、その理想は、狭隘な自我の隧道を通り抜けた先にあることが分かる。一例として、或る僧侶の日々雑感に、
「新宗教信者の御婦人から〈小冊子を受け取ってください〉と言われたので、それではこちらをどうぞ、とお経の本を渡そうとしたら断られた。総合理解は難しい(笑)」
彼は仏教僧であるにも関わらず「目には目を歯には歯を」の挙に打って出、しかも自分が「剣か聖典か」の二者択一論に陥っていることさえ認識していない。

さて、宗教紛争…厳密に云えば神仏の名を騙るエゴの衝突…の時代にあって、拙は敢えて、日蓮上人『四箇格言』の現代的解釈による再評価を試みたいと思った。何となればこの四箇条は、「宗教」なるもの、につきまとう落とし穴だからだ。
ちなみに拙は、現代インド仏教の糞掃衣を着る者であり、また日本に於いては長く浄土真宗の御仏飯を頂く坊主である。ゆえに、以下は門外漢による牽強付会、大曲解であって、門流の諸尊宿にすれば噴飯物の世迷い言であることは充分に承知した上での、試論の私論に過ぎない。或いは一般の方で『四箇格言』を御存知なかった人には、ぜひ念のためまずウィキペディアを御確認いただきたい。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%A0%BC%E8%A8%80 なにゆえ拙が「敢えて」の語を冠したか、その意味をご理解いただくために。

《四つの陥穽》
◎神秘教の非社会性 (真言亡国)
いわゆる「スピリチュアル方面」に惹かれるのが宗教の入口。現実人生に対する不安と不満から、ジンクス・まじない・占い等に始まり、非合理性に主観的意味と価値を付与して、祓い・浄霊など〈穢れ〉の存在を前提とした排除の論理に染まっていく。そこに在るのは半径1m以内の損得勘定で、自我保全欲求を最優先とし、社会・公共性などは二の次になる。

◎自覚教の独善性 (禅天魔)
排除の論理は、自己特別視と表裏一体。他者への説明放棄…以心伝心…と、ジャーゴン(身内言語)思考もまた同じコインの裏表である。例えば、世に云う「日本的寛容」が日本だけで通用する身内の符牒であることを思えば、それが如何に独善的な不寛容か分かる筈だ。或いは昨今、一部で持て囃される「気づき」なる流行語の周辺に漂う〈お手柄〉意識なども、カジュアル化した自己特別視だろう。
天魔とは、神の顔をした悪魔をいう。

◎救済教の排他性 (念仏無間)
「救われたい」という願望が度を超して「救われる為にはどんなことでもする」、そして「救われるなら何をしても構わない」に変わると、おのれの行為に対する自己弁明から「救いを求めない者どもには存在価値がない」といった妄想に嵌まり込む。やがて、行為内容がエスカレートしていくに連れ、より頑なで強固な弁明が必要となり、それによって補填された自我は、尚いっそう排他性をエスカレートさせていく。
無間とは、ありとあらゆる苦しみが間断なく襲いかかる地獄をいう。

◎権威教の虚妄性 (律国賊)
組織とは常に利害共同体であり、当然そこには集団エゴが伴う。組織を守るため個が圧殺され、建前論や禁忌で思考を呪縛する。それと同時に、より大きな集団概念…宗教的正当性、民族、国家、人種など…の御威光にくるまれようとする。そして、人為的な権威を以て組織の「盾」とするがゆえに、常にどこかへ「矛」を振るっていなければ存在意義を失うという矛盾を抱えてしまう。或いは、大政翼賛のマジョリティ思考に埋没し、その結果、より大きな集団を内部から食い潰す「獅子身中の虫」となる。

 
以上は、無間地獄に堕ちると言われた念仏坊主のタワゴトである。
とはいえあまり他宗の御祖師様の教えにばかり便乗していては申し訳がないので、最後に本願寺第八世:蓮如の言葉を紹介したい。
『ヒトニマケテシンヲトレ』
〈世の中には、相手に勝って自分の信念を強めようとする向きもいるようだが、私は、相手に負けることで内省を深める。人に負けて信を獲れ〉

【写真】寺院の前で献灯する現代インド仏教徒の夫婦。願わず祈らず、ただ無心に灯をともす。

« 光明東漸 | トップページ | 「闘う」仏教徒 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/62761958

この記事へのトラックバック一覧です: 四つの陥穽:

« 光明東漸 | トップページ | 「闘う」仏教徒 »