2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

『反骨のブッダ』

  • 高山龍智: 『反骨のブッダ』インドによみがえる本来の仏教(コスモトゥーワン出版)

« 浪花節菩薩道 | トップページ | 仏心涌出 »

写真が語る『少林寺』

写真が語る『少林寺』
先日、東京銀座のヴァニラ画廊にて、大串祥子さんの写真展『少林寺』を鑑賞した。
未だかんばせに幼さの残る少林寺の武僧たちは、不殺生戒を守って肉食を絶ち、主たる蛋白源は豆腐など植物性のみという食生活の中で、身心を極限まで鍛え上げ、仏祖に祈りを捧げる日々を送っているという。
大串さん「少林寺に演武はありますが試合がないんですよ。だから優劣・勝敗といった、ライバル心みたいなのが感じられないんです」
「武僧の〈片手拝み〉は禅の『慧可斷臂』に由来するそうです」

http://www.kyohaku.go.jp/jp/syuzou/meihin/suibokuga/item06.html
どれも私が知らなかったことばかりだった。
さて、大串さんの写真展で私がまず一番最初に感じたのは、修行する若者たちの〈明るさ〉だった。いわゆる、戒律を守った厳格な暮らし、といった言葉からイメージされるような日本的…体育会系?…な悲壮感は、まったく窺えなかった。みんな好きだからやってる、そんな顔に見えた。云うまでもなく、まだ親に甘えていたい年端の頃から寺に籠っているのだから、それぞれの心の内には様々な葛藤、煩悶があるはずだ。
なのになぜこんなに明るく見えるのか?
おそらくそれは、彼らの思惟に「身体性」が伴っているからではないだろうか。あらゆるスポーツに共通していることだが、トレーニング中はみずからの呼吸に意識を集中し、筋肉の端々まで念を届かせなければ、大怪我をする。これこそまさにサンスクリット語でいう「ディヤーナ (attentionの意。音写した仏教語が禅那、略して禅)」であろう。
さらに、あえて平たく言うならば、彼らは「したいこと・しなければならないこと・できること」、この三つが矛盾なく自然に整った状態に心身を置いている、とも云えようか。それが少林寺の武僧たちの〈明るさ〉の理由だ、と私は思った。
翻って、現代社会を見るならば、往々にして、言葉だけが先走ることを知性と勘違いしている傾向が強いように思える。つまり、思考における身体性(フィジカル)の欠如。これを伝統的な仏教思想では「愛論戯論」「世智弁聰」と戒めている。
また、私が伺った当日、他の鑑賞者から出た言葉に、
「(少林寺の武僧は) むかしの日本の僧兵みたいなものとは違うんですか?」
というのがあった。無論、両者の歴史的成り立ちや社会に及ぼした影響は、まったく異なる。日本の僧兵は、仏教僧でありながら神社の御神輿を担ぎ出して街中を暴れ回り、お布施しなければ天罰が当たるぞ!と恐喝して人々を苦しめたチンピラだった。

最後に、大串さんの写真集『少林寺』沙弥108~109ページ見開き「三壇大戒、千佛殿にて読経する沙弥たち」で殿内に掲示された〈禮佛懺悔〉の文を現代風に訳して紹介したい。

    自分は、始まりもない遥かな昔から、今の人生に至るまでずっと、真実と真実に到る道とその道を歩む人々の邪魔をし、みずから変化の可能性を放棄し、万人救済の教えを誹謗し、智恵を絶ち、父母を悲しませ、聖者を傷つけるような振る舞いを繰り返し、おおやけの場を乱し、他人の道徳的行為を妨害し、聖域の破壊に加担し、公共財を私物化し、様々な間違った考えを起こし、物事の道理を無視し、悪い仲間に近付き、良い先生に背いて来ました。しかもそれを自発的におこない、また他人もそうするようにそそのかし、そのことを楽しんで来ました。だからずっと悟りを開けずに、輪廻転生を繰り返してきたのです。
これら今日までの罪は計り知れませんが、いま慚愧の思いですべてを告白します。どうか、真実と真実に到る道とその道を歩む人々よ、お慈悲の光でこの身を照らしてください。そして、どうか、自分本来の心を取り戻させてください!

◎《大串祥子さんのHP》
www.shokoogushi.com
◎写真集『少林寺』 発行:Libro Arte(リブロアルテ)  発売:メディアパル
本体3600円+税   ISBN978-4-8021-3045-5
必見必携!

« 浪花節菩薩道 | トップページ | 仏心涌出 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/64796480

この記事へのトラックバック一覧です: 写真が語る『少林寺』:

« 浪花節菩薩道 | トップページ | 仏心涌出 »