2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

『反骨のブッダ』

  • 高山龍智: 『反骨のブッダ』インドによみがえる本来の仏教(コスモトゥーワン出版)

« 写真が語る『少林寺』 | トップページ | 佛道と藝道 »

仏心涌出

仏心涌出
仏心涌出
仏心涌出
先日、在日インド仏教徒の家で法要を勤めた。
日本暮らしも二十年近いその夫婦は、かつて私がまだパーリ語のお勤めも心許なかった頃から、あれこれと面倒をみてくれた篤信者だ。旦那は子供時代、若き日の佐々井秀嶺師が法華の団扇太鼓を叩いて行脚している後ろを、面白がってくっついて歩いたインド下町の悪戯っ子。奥さんは佐々井師からその信心深さを認められ、ルンビニー(藍毘尼園)という法名を授かった「観音様」のような女性だ。
今回、その奥さんから電話で依頼を受けた時も、ところで誰の法事なんだね?と訊くと、
「プージャ(法事)はいつだってバグワーン・ブッダ(世尊仏陀)のためですよ」
と注意された。

さて、家に着いてみると『B.A.I.A.E.Japan』(アンベードカル博士国際教育協会日本支部)の面々が大勢集まっていた。あえて云うまでもないが、佐々井師に出会うまではヒンドゥー教社会で徹底的に差別されたいわゆる元「不可触民」の仏教徒たち。おいおい、一体どうしたっていうんだい?
「決まってるじゃないですか。バンテー・ジー(お坊さん。この場合は私のこと)がインドの新聞に載ったセレブレーションですよ」
驚いた。昨年十月、大手『LOKMAT』紙のマラーティ語版に私へのインタビューが写真入りで掲載されたことの祝いだ、という。記事には、日本にも現代インド仏教徒が50世帯以上住んでいること、徐々にではあるがアンベードカル博士に対する認知度も上がって来ていることなどが書かれていた。ちなみに、祝いが半年後になった理由は、昨年末に全世界で報道されたインドの高額紙幣切り替え騒動。
「ササイ・ジー(佐々井師)を日本へ連れてきてくれたり、私達のことをインドで紹介してくれたり、本当にありがたく思ってるんですよ」
うっかり涙が出そうになった。この人たちは、やはり「地涌の菩薩」(法華経)だったのだ。
そして私は、ここに到るまでの縁(えにし)に思いを馳せ、胸が詰まった。

私の母方には明治末期、解放運動に取り組んだ小寺の住職がいたそうだ。境内墓地にあった「新平民」の墓を他と隔てる垣根を撤去して檀家衆と対立、折悪しく失火により本堂が全焼。しかし再建費の喜捨には垣根の再築を条件とする総代と相容れず、そのため彼は妻子を残して勧進のため托鉢の旅に出た。
生来の直情漢だった彼は托鉢先でも勧進の趣旨を熱心に説いたが、なにぶん「穢僧 (被差別階級と関わる僧侶)」といった言葉がまだ活きていた時代のこと、大概どこでも門前払いを受けたそうだ。そして結果を出せぬまま何十年か経ち、あるとき子供が東京で暮らしていると聞いた彼は、ただ会いたい一心から捜し出して訪ねたが、子にしてみれば自分と母を残して出奔し、寺と家族を破壊した身勝手な父親。積年の怨嗟と共に追い払われた。
やがて年老いた彼は、ある時、小さな田舎町の安宿で大好物の「蕎麦がき」をかきながら、意識を失った。発見された時は蕎麦がきの丼に顔を突っ込んだ状態であり、直接の死因は窒息死のようだった。…以上は、全て亡母から聞かされた話で、客観性は無いに等しい。
だが、子供の私が恐る恐る想像した「安宿の破れ障子から射し込む仄明かりを背に、丼に顔を突っ込んで動かなくなっているお坊さん」の絵姿は、今も克明に焼き付いている。
それが、私の仏教の原点であると云えようか。

ジャイ・ビーム!

【写真上】在日インド仏教徒家庭の仏壇
【中】新聞『LOKMAT』の記事
【下】日本で暮らすインド仏教徒と私。

« 写真が語る『少林寺』 | トップページ | 佛道と藝道 »

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/65010423

この記事へのトラックバック一覧です: 仏心涌出:

« 写真が語る『少林寺』 | トップページ | 佛道と藝道 »