2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 佛道と藝道 | トップページ

仏に参らせ、芸の花

仏に参らせ、芸の花
仏に参らせ、芸の花
仏に参らせ、芸の花
「最晩年を迎えた師匠を、その原点、出発点に戻してやりたいんですよ」
昨年12月のある日のこと。私は、大人気の女流浪曲師:玉川奈々福さんに突拍子もない御相談を持ち掛けた。師父佐々井秀嶺の来日予定もまったく白紙状態で、いわんや高齢の師ゆえ如何なる不測の事態が起きるかも知れぬまま、売れっ子芸人さんにスケジュールを都合してもらうことがどれほど無茶な申し出であるかは、重々承知の上だった。
  ことの始まりは、遡ること三年前の2014年初夏、佐々井師はインドで危篤状態に陥った。原因は不明。だが、十方諸仏の御加護と最先端医療の甲斐もあり、奇跡的に生還。退院した直後に見舞った私は、そのやつれ果てた姿に言葉を失った。そのとき師父はこう言った。
「マール・ギヤー、ワーパス・アーヤー」
ヒンディー語で、殺されたが戻って来たぞ、の意。こんな状態でも《韻を踏んだ啖呵》を切る師父を見て「ああ、このひとは根っからの舞台人、浪曲師なんだな」と感じた。そしてその頃から、いつかもう一度浪花節の舞台に立たせてやりたい、と秘かに思うようになった。
  佐々井秀嶺師(本名:佐々井実)は昭和30年代、大正大学で仏教を学ぶ傍ら、東屋楽水あるいは大菩薩連嶺の芸名で浪曲師としても活動していた。みずから「仏法浪曲第一世」と称し、『佛道と藝道』の合一をまさに実践していた。その後、修行のためインドへ渡り、爾来かの国で虐げられた最下層民衆と同じ地面に腰を据え、共に泣き、共に笑い、満身創痍になりながら、今日まで生きて来た。
しかしその佐々井師も今や高齢、ましてや危篤をくぐり抜けた体。出来ることなら、もう一度出発点に戻してやりたい…。
とはいえ私自身は、仏門に入るまで洋楽畑にいた人間で、浪曲の世界にはまったく縁がない。あくまで夢の話と胸にしまい、なかば忘れかけていた。ところが昨年六月末、たまたま知人の文筆家が玉川奈々福さんと親しいと聞き、にわかに気持ちが昂った。これこそ仏教で云う「無縁大悲」と、えにしを結んでいただいてから一気に事は急展開、奈々福さんより御招待をいただき、浅草木馬亭へと佐々井師をお連れして、約60年ぶりの浪曲舞台を堪能してもらった。
客席に身をあずけ、涙を浮かべながら奈々福さんの芸に見入る師父の横顔に、私は、無謀にも二人のコラボレーション企画を思い描くようになった。あえて云うまでもないが、佐々井秀嶺師はインド仏教復興運動の指導者、民衆のカリスマである。かたや玉川奈々福さんは今や日本の各方面からもっとも注目されている人気者。この両者を同じ日に同じ舞台に上げる、などとは、よほど夢想癖の持ち主でなければ考えつかないだろう。しかし私の強み(?)は、その夢想家だったこと。…こうして、冒頭の言葉に繋がるのである。

  奈々福さんは、ただ黙って頷いてくださった。
そして遂に、平成29年7月1日土曜、東京新宿は角筈区民ホールに於いて『佛道と藝道』は実現した。あの舞台は《浪曲師:玉川奈々福》の気っ風と人情あったればこその奇跡であった。
また、佐々井師もたびたび奈々福さんのお声を誉めていたが、まさしくそれは観音経偈が説くところの「妙音観世音 梵音海潮音 勝彼世間音」であったろう。

当日、開会の挨拶において、私は参加者の皆様へこのように申し上げた。
「佛道も藝道も、これ一番大事なとこなんです、仏教も芸能もですよ、相手あってのものなんです。独り善がりじゃなんにもならない。相手あってのもの、人と人とをつなぐものが、佛道と藝道でございます」

【写真上・中・下】打ち合わせ中の佐々井師と奈々福さんと私
(田島利枝さん撮影)

« 佛道と藝道 | トップページ

仏教・宗教全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/65513982

この記事へのトラックバック一覧です: 仏に参らせ、芸の花:

« 佛道と藝道 | トップページ