2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 佐々井師講演会の御案内 | トップページ

光の方向

光の方向
光の方向
光の方向
去る6月30日土曜、東京都千代田区神保町にて、拙著『反骨のブッダ』出版記念講演会を開催いたしました。
まるで「インド」を思わせるような猛暑の中、たくさんの方々に御参加を賜り、深く深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
また、本書の上梓に到るまで全面的な理解と協力をいただいたコスモ21社出版プロデューサー氏と、気まぐれでわがままなこの私を見事な手綱さばきでゴールへ向かわせてくれた友人編集者に改めて感謝いたします。そして、異例中の異例として本書に巻頭言を寄せていただき、そのうえサインの掲載まで快諾してくださった師父佐々井秀嶺に、心より感謝申し上げます。

出版記念会での佐々井師の講演は、予定を大きく上回り、およそ1時間10分にも及びました。しかもその間ずっと立ったまま、時にユーモアを交え、時に辛辣な皮肉も絡めつつ、いつも以上に力強く、熱く語ってくださいました。
ところで、佐々井師のお話について、弟子の立場から日本の皆さんにお伝えしておきたいことがございます。師は五十年以上インド最下層民衆と共に生きてきたため、思考はヒンディー語なのです。日本人の顔で日本語で話してくれますが、じつは脳内で瞬時に和訳しているのです。今年で八十三才、病気と怪我で満身創痍の老人が‥‥ですよ?
あえて俗な例えを使いますが、西洋の格言に
「愛し合うとは見つめ合うことではない、同じ方向を見ることだ」
という言葉があるのをご存知かと思います。日本人の顔で日本語で話す佐々井師の慈光に見惚れるのも結構ですが、それは、佐々井師と同じ方向を見ていない、ということなのです。
仏教復興・差別撤廃・人間解放・インド文化の説明・大乗発祥の地マンセル遺跡の顕彰・聖地ブッダガヤ大菩提寺の管理権奪還闘争、そして、弱き者・小さき者たちの笑顔を守るため「怒ること」「気にすること」「反応する生き方」…。
それら佐々井師の視野をすべてカヴァーすることは、おそらく誰にも出来ないでしょう。もちろん私も到底無理です。しかし、そのうちの一つだけでも同じ方向を見ることなら、なんとか出来るのではないでしょうか。
ずいぶん口幅ったいことを申しましたが、これも私の《反骨》と何とぞ御海恕くださいませ。

さて講演の最中、師は私を指して、
「こいつは反骨ですよ、反骨。ああ、すごい反骨だ」
と仰られました。
実を言うと、その時私は、かつてインドで佐々井師と「あわや取っ組み合いの大喧嘩!」になりかけたことを話されるのではないか?と思い、一瞬ヒヤッとしたことを白状いたします。
ジャイ・ビーム!

【写真上・中は講演会の様子】
提供:まち様
【下】
インド帰国直前、成田空港にて。

« 佐々井師講演会の御案内 | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503578/66910931

この記事へのトラックバック一覧です: 光の方向:

« 佐々井師講演会の御案内 | トップページ